3/5 NICO Touches the Walls TOUR 2017 ”Fighting NICO” @ 愛知県芸術劇場大ホール

以下、ネタバレ込みの内容になっていますので、ご注意ください。




2月21日、HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3公演を皮切りに始まったNICO Touches the Walls TOUR 2017 ”Fighting NICO”。

私が訪れた愛知県芸術劇場はツアー初のホール公演であり、私にとってのツアー初日。この日を迎えるまでは、セットリストにも、ライヴ内容にもなるべく触れないように過ごしてきた。

昨年のアルバム『勇気も愛もないなんて』のリリースツアーは、「孤独と夜」のバンドから「勇気と愛」が日本一似合うバンドになるとの宣言から始まり、その覚悟を決めた光村龍哉(Vo&G)の歌がドカン!と真ん中にあった。ツアーに出た数か月間で起きた光村の覚醒こそ、勇気と愛を問い続けたことによって、光村個人だけではなくて、バンドで出した一つの結果だと思う。

前置きが長くなってしまったが、大事なことなので記載する。なぜなら、それを経ての”Fighting NICO”ツアーであるからだ。

この日は、ニコのプロデューサーとしてレコーディングにも参加している浅野尚志氏(Key,Vn,Gt)がサポートメンバーとして加わった。彼らの強みでもあるアレンジ力を5人で駆使し、さらにホールならではの演出が+αされたことで、曲の世界を深く掘り下げながら豊かに描き続けていく。

しかし、ステージに立つメンバーは、俄然、
挑発的だった。潔く、直球ストレートボールを投げつけてくるニコを目の前に、私は数年前に観たあるライヴの衝撃と、とても近いものを感じた。それは「ロックンロール・ナイト」と名付けられた2013年開催の1125の日ライブである。ただ、一つだけ当時とは大きな違いがあった。

今のニコは「ロックバンドとして自分達に何ができるのか?」というステージにいる。
そして「いかにバンドで良いグルーヴ感を生み出していくか、音楽のみで一体感を作り上げていくか」に重点を置き、ライヴ空間を創り上げている。ニコはもう、かつてのようにただガムシャラには進めないことをわかっているのだ。

ライヴ中、「『NICO Touches the Walls』というロックオペラも作り上げてみたい」という昨年1月にあった光村のtweetを思い出したのだが、例えば自分達が描く夢を叶えるため、その第一歩として昨年「勇気とは?愛とは?」と、自らに問いかけたのならば、今回のツアーでニコが提示していくことは、ロックバンドの「生き様」だと思う。今まで以上に濃縮なライヴステージからは、そんな新たなニコの覚悟が容赦なく伝わった。

今年でメジャー10年目という節目を迎えるニコの全てが、2017年”Fighting NICO”ツアーで、遂に全47都道府県に刻まれる。そして間違いなく、夢へと近づくため一歩を大きく踏み出すことになるだろう。だから、記念すべき今回のツアーは決して見逃してはならないのだ。


More(以下盛大なネタバレ込みのレポートになるので見たい方のみクリックして下さい)
[PR]
# by musicorin-nirock | 2017-03-07 22:07 | LIVE | Comments(0)

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る