NEW POST

5/30 GRAPEVINE "IN A LIFETIME PREMIUM" @ billboard LIVE TOKYO

f0342667_10581205.jpg

























迫力のあるパフォーマンスだった。
LIFETIMEの持つ「繊細さ」よりも「力強さ」を、
GRAPEVINEは堂々とした面持ちで見せつけていった。

個人的には再現ライブでの中盤から後半までの流れが、最高に良かったと思う。

バイン得意の横ノリの最高潮を見せた、
西川アニキのギター魂が炸裂の「25」。
それから「白日」まで、バインの勢いが止まらない。
そこに、箸休め的ソングの「大人」が入るることで、ほっと肩の力が抜ける。
なんともいえぬ存在感がある。
アコギに持ち替え、ぼそぼそっと歌う田中くんのヴォーカルがまたいい。
そこから「望みの彼方へ」に行くときの緊張感。
まったりしていた空気が、瞬時にステージ上で切り替わり、
観ているこちらにも伝わってくる。
この曲の持つ光、
ここビルボードでも強い光を放っていた。
やはりバインにとっても、とても特別な曲なのだろう。
そして圧巻だったラストの「HOPE(軽め)」。
サビからの盛り上がりに圧倒される。すごかった。
この日、確信したことは、もう、只者ではないこのバンド。
「すごい」としか言葉がなかった。

途中、曲の合間合間に見せるメンバーたちの笑顔から、
ビルボードのステージに立てた嬉しさと、
演奏する楽しさがすごく伝わってきて、微笑ましかった。
もしかしたら去年の夏、うっかり武道館に立った時よりも
嬉しかったんじゃないかな…(笑)

約一時間半という、とても短い時間。
それは、ビルボードというラグジュアリーな空間に
ギュっと閉じ込められ味わえた濃厚なライブ。
最高にプレミアムな夜になった。

f0342667_11034617.jpg



























ビルボードで無事いなかいけす煎餅買いました。

[PR]
by musicorin-nirock | 2014-05-31 11:06 | LIVE

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31