6/14 NICO Touches the Walls@Zepp Tokyo

行ってきました!
ニコタッチズザウォールズノゼップ。
明日も行くのですが
この気持ちをどうしても残したくてブログに書く(笑)

今日のライブは、不器用でも不恰好でも、
今できることを全部さらけ出して、
自分達の音楽を鳴らし続けるという責任と、
8月の武道館の成功という、一つの目標を達成する決意だった。

今年の2月に、
一か月間毎日セットリストを変えて行ったカベニミミ。
これが、ニコに大きな自信を与えたのは、
間違いなくて。
ステージに立った彼らは堂々としていて、
どこか振り切れていたように見えた。
肉体的にも精神的にも強くなり
バンドがより一層バンドらしくなっている。

また、激しいギターロックも、
誰もが口ずさめるポップなCMソングも、
男臭いフォークも、
泣きのバラードもなんだってやれてしまう。
この、楽曲の幅広さがニコの一番の魅力で、
それがうまくまとまって、完成たライブができてしまうのだから、
なんだかもう、怖いものはないと思う。

ただただ応援していきたい!
がんばれ!
武道館で待っているよ!


追記:
このライブもセットリストをライブごとに変えているらしい。
全部の曲を通してみて、個人的には対馬君のドラムがイチオシだった。
ローハイドと天地ガエシが今のニコそのもので
おれらについてこい!という
アニキ的な一面をすごく感じた。
そして、ラストの手をたたけ。
かなり捻くれた歌詞なのに、泣けてくるのはなぜかな。
でも、会場が一つになってハッピーな気持ちに。
今日は本当、楽しかった。














[PR]
by musicorin-nirock | 2014-06-14 23:57 | LIVE

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る