ACIDMAN




5月5日のJAPAN JAM でACIDMAN のステージ観た後に残しておいたメモが出てきました。
このライブの後、彼らの音を聴き返し始めたら、
すっかりはまってしまい、ついに来週、また彼らの世界を堪能してきます。
(ブンブンサテライツとの対バンイベントに出かけます。)

ACIDMANの世界はあまりに壮大で、
彼らの音に触れた、今の気持ちをまとめたくても、上手くまとまらず、
まだまだ、勉強不足なのが正直なところなのですが、
メモを読み返し、あの時感じたことをやっぱり残しておきたいと思い、
キーボードを打っています。

JAPAN JAMが私とって初めて観たACIDMANのライブでした。
上に貼り付けた動画、"ある証明”は2005年に発売され、
私が彼らを知るきっかけになった曲です。
それから9年が経ち、その間ほとんど彼らの楽曲を聴かずに過ごしてきました。

そんな状況の中で始まったライブ。
スリーピースのシンプルかつ骨太な力強い演奏に衝撃が走りました。
オーディエンスの熱気も半端なくて(特に男性)、
今日のライブへの期待感に負けないくらいの熱く激しい演奏から、
これまで共に築き上げてきた、
バンドとリスナー間の強い信頼関係をも感じました。

"EVERLIGHT"と本編のラスト"ある証明"を聴いたとき、
ACIDMANが守り続けている「信念」が伝わりました。
「信念」とは、タイトルにもある「LIGHT」、
つまり、誰もが産まれながら持っている「光」、
命の輝きであり、彼らが表現し続ける永遠のテーマ。
メジャーデビューしてから10年が過ぎてもなお、
一貫して一つのテーマにそって楽曲を作り続ける真摯な姿勢に気が付いたとき、
胸が熱くなり、思わず涙がこぼれてしまいました。

そして、時に激しく、時に優しく演奏し続ける3人の姿は、
真っ暗闇に輝く星のようで、まさに「光」そのもの。
JAPAN JAMのラストにふさわしい感動的なステージでした。





"EVERLIGHT"のショートバージョンを張り付けます。
さて来週、一体どんなステージを魅せてくれるのだろう。
新曲も発売される予定とも聴いているので、
披露してくれるのだろうか。

まずは、今までの楽曲をしっかり復習して
気合を入れて挑みたいと思います。



[PR]
by musicorin-nirock | 2014-06-27 23:03 | COLUMN

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る