NEW POST

7/6 Permanents presents "A ZIG/ZAG SHOW @ Shibuya www "

私はもともと歌が好きで音楽を聴くようになった。10代後半から20代半ばにかけて、ヴォーカルをやっていたこともあり、歌詞、メロディ、ヴォーカリストの声・表現力・カリスマ性などを重要視してCDを買ったり、ライヴに足を運んでいた。

先月のPermanentsのライヴは、そういったルーツを持つ私にとって、とても至福な時間だった。バンドマンではない田中和将(Vo&G)の姿を観たのは久しぶりであり、何よりじっくり声と言葉とメロディが味わえ、そこから見えた風景がストレートに胸に届いたライヴだった。

ステージ上には、田中と高野勲(Key)の二人だけ。海外アーティストのカバーや、ライヴではほとんどお披露目されないGRAPEVINEの楽曲の数々を、カントリーミュージックやブルースといった自分たちのルーツを元にしたアレンジで魅せていく。そして、どこにでもある日常を彩った言葉たちが、次々と軽やかにライヴハウスを舞う。決していやらしさや媚びがない、素直な感情とシンプルな音とのアンサンブルは、会場をアットホームな雰囲気にさせ、GRAPEVINEの彼らよりも、もっと身近な存在に感じさせてしまう。
さらにこの日は、nanacoのウィスパーヴォイスと長田進のセクシーなギター、そして阿部芙蓉美の美しいハーモニーも重なり、華やかさを増した一面もあった。

一番印象に残っているのが、田中と高野の二人で披露した「それでも」。
ギターを置き、スタンドマイクの前に立つ。手を後ろで組み、目を瞑って歌う田中は、歌うことの喜びを思いっ切り表現する。その声は、まるで少年のような初々しさとみずみずさを醸し出し、そして、懐かしさを感じさせる言葉と一つになると、優しいメロディと共にふわりと私の心を包み込んでいった。
高野の鍵盤は田中にそっと寄り添うが、時に彼の魅力を引き出せば、時にぐっと支え、流れる川のようにドラマティックに演出する。それは、彼がGRAPEVINEのサポートメンバーとして長年共に歩んできたからこそ、阿吽の呼吸がとれた2人でしか生みだせない賜物であり、一気に魅了されていった。

田中の書く歌詞はどこか地味で、万人受けするようなメッセージ性は感じられない。ただ、ヒットチャートやミュージック・フェスティバルを賑わす音楽が、四つ打ちのポップミュージックやアイドルソングが主流となっている今、聴くとちょっとこそばゆいけど、小さなきらめきのような歌がちゃんと存在していることが、私はとても愛おしかった。

このユニットは企画モノのからのスタートだったとはいえ、あちらこちらのフェスに呼ばれては出掛けて行き、若手・ベテラン問わず多くのミュージシャンとの対バンイベントもさらりとこなしてしまう。フットワークの軽さも素晴らしい。もちろん、多くのファンが彼らのパフォーマンスを待ち望んでいるからなんだろうけど、一番本人達が自由にリラックスして楽しんでいるから、ステージに立ち続けているのかもしれない。


セットリスト

opening HOPE(軽め)
1 それを魔法と呼ぶのなら
2 Here Comes Your Man(Pixiesのカバー)
3 ふたり
4 Life On Mars(David Bowieのカバー)
5 それでも
6 小宇宙
7 Colors
8 雨にうたえば(MALPASO)
9 悲しきセクレタリー(ムーンライダース)with nanaco+長田進
10 Sing

encore
1 highway,highway(阿部芙蓉美)
2 エレウテリア with 阿部芙蓉美 & 長田進
3 春咲子紅(矢野顕子のカバー)
4 smalltown,superhero


※この日は対バン形式でしたが、Psemanentsのライヴについてのみ書いています。

[PR]
by musicorin-nirock | 2014-08-04 22:28 | LIVE

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31