ELLEGARDEN

8月に初めて細美さんの弾き語りライヴに行ったとき、
私はここで初めてELLEGARDENをちゃんと聴いた。

正しくは、ヴォーカルギターの人が、一人で歌うエルレだけど。
でも。私にとってそれが、CD、DVDやYouTubeじゃない、「本物」だった。

エルレの人気ぶりってのは、当時、音楽からちょっと離れた場所にいた私でも知っていた。
いつも雑誌の表紙を飾っていたし、フェスで入場制限がでた話も聞いていた。
"Space Sonic"のPVも、メンバー皆かつら被って、ランジェリー姿で笑ったよな。
ただ、私にとっては、何かと「話題のバンド」というイメージでしかなくて、
楽曲そのものについては、the HIATUSを聴くようになってからエルレも聴くようになり、
とても後悔した。
なんで、リアルタイムで聴かなかったのだろうって。
エルレの音楽は、不器用な自分、うまくできない自分、
といった誰もが持っている「弱さ」を、受け入れてくれる。
「いいんだよ、それで。」って。
それは、当時、私に必要な場所でもあったから。


弾き語りライヴの時、
「酒が入ると積極臭くなるから」と苦笑いしつつも、
個人的に一番胸に焼き付いたMCがあった。
今日集まってくれたお客さん一人一人、それぞれ、住んでいるところも違って、
いろんな仕事をしていて、それなりに苦労があることを、
彼はわかっている。
でも、「それは俺らだって同じなんだ。」と。
その後、

 『こんな顔見せるのは 本当は好きじゃないけど
  僕だっていつもピエロみたいに 笑えるわけじゃないから』

と"風の日"が始まった時、私は、涙が止まらなくなってしまった。
ミュジーシャンだからって特別扱いされることを拒み、
常にD.I.Y精神を貫き活動しているその姿には、何も感じない人はいないと思う。
Keeper Of The FlameツアーのMCでは「楽勝だ!」って言っていたけど、
その背景にはとんでもないストーリーがあった。
じゃあ、なんでこんなことまでしてライヴをやってくれるのか?というのは、
これは、よく、雑誌等でも書かれているけど、
細美さんは弱者の気持ちが、本当に良くわかる人なんだと思う。
そして、自分にも弱い部分があることをわかっているから、
それを包み隠さず声に出し、歌う。
自分のために、歌を求めるリスナーのために。
だから、聴いた人は、自分の中になる感情の蓋が開いて、
ドバっと涙として溢れてきてしまうんじゃないかな。

エルレ4人のステージを、観たことがないから、
この文に説得力があるかどうかは、ちょっと心配なところもあるけれど、
今の細美さんが歌うとエルレには、
弱さを受け入れてくれる場所だけじゃなくて、
「自分の足でしっかり立て。そして、しっかり歩け。」
といったエールも強く感じる。

それは、絶望の中でthe HIATUSをスタートさせ、
今日までの過程で、たくさんの出会いがあって、
支えられて、乗り越えて来たから、
聴く人たちの心が震えるくらい、力強く歌えるようになったのだと思う。

また、それは生形さん、高田さん、高橋さんだって同じ。
大切なものを喪失した。でも、今、がむしゃらに音楽を続けている。

そういう姿って、やっぱり、かっこいい。

私は、そういう音楽をずっと聴き続けていきたいんだと思う。


もし、いつかまた活動を再開してくれるのなら、
必ずライヴに行く。
Supernovaを、一緒に歌うんだ。





[PR]
Commented by やん at 2014-11-01 23:07 x
エルレ最高だよなー。またライブみたい‼︎
Commented by musicorin-nirock at 2014-11-02 08:21
やん様
コメントありがとうございます。
私も見たいです!いつかその日が来ることを楽しみにしています◎
by musicorin-nirock | 2014-09-07 14:46 | COLUMN | Comments(2)

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る