8/19 NICO Touches the Walls "ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ブドウカン"


『最後は 笑ってやろうって あの日泣いたこと 絶対 ムダにはできないだろ 響け 僕らのリベンジ』                                      ―天地ガエシー

 2010年3月12日、NICO Touches the Wallsは初めて日本武道館の舞台に立った。しかし、彼らの記憶に刻まれたものは、歓喜ではなく悔しさ。チケットをソールドアウトにできなかったこと。それは「武道館」に打ち勝つ力量が自分達には備わっていなかったという、余りにも大きな屈辱だった。今回の武道館ライヴは、その「リベンジ」であると、昨年の11月25日に行われた『1125(イイニコ)の日ライヴ』で堂々と宣言され、年が明けると武道館へのリベンジを果たす、それだけの為に彼らは猪突猛進に走り続けた。
 


 ――そして、遂に迎えた2014年8月19日。


 対馬祥太郎(Dr)のドラムセットの前に、光村龍哉(Vo&G)、古村大介(G)、坂倉心悟(B)が集まり、円陣を組む。掛け声と共に観客に見せた「気合い」。今日という日は一日しかない。一騎打ちの勝負のステージに立ったNICO Touches the Wallsが放つ一曲目は「Broken Youth」。この特別なステージへの高揚感そのものを対馬がエネルギッシュに叩き出す。
 次なる切り札は「THE BUNGY」。カントリーテイスト満載のギターのイントロが終ると同時にバン!と上がった爆発音。客席をグイグイ煽り続ける、いつにも増して饒舌な光村のヴォーカルを筆頭に、メンバー全員じゃじゃ馬の様な暴れっぷりだ。それに負けじと、凄まじいハンドクラップを鳴らすオーディエンス。今日に賭けている気持ちは、この日を待ち望んでいたオーディエンスだって同じなのだ。立て続けに披露されたアッパーチューンに、開演まで漂っていた緊張感は解きほぐされ、ヴォルテージは急上昇。あっという間に武道館を飲み込んでしまう。

 颯爽とした光村の弾き語りで始まったのが「ホログラム」。曲に存在するみずみずしさは、色褪せることなく顕在で、ノスタルジーを感じられたが、4人の背後に設置された巨大なスクリーンには、あの日から4年経った、今のNICO Touches the Wallsが映し出される。笑顔で叩き続ける対馬。客席を愛おしそうに眺める坂倉。真剣なまなざしでギターと向き合う古村。そして、再び武道館のステージに立った感動を噛み締め、今にも溢れだしそうな喜びを必死に堪えながら力強く歌う光村。4人のリアルな感情が交じり合う「夏の大三角形」は、最上級に研ぎ澄まされた美しい音を奏で、エモーショナルな空間へと仕立て上げていった。

 「満を持してこの武道館に帰ってきました!」と威勢の良い光村のMC。この日を最高のものにしてやるぜ!という意気込みは、「妄想隊員A」とシングル曲が続く中、突如、変化球として投げつけてきた。それが、1stアルバム『Who are you?』収録の「B.C.G」。燃えたぎる炎のようにダイナミックなサウンドは、スマートな4人からは考えもつかない肉体感を感じさせ、さらに追い打ちをかけるかのように、光村は『デカイ音で騒ぐだけ』と武道館に喧嘩を売る。その勢いは衰えぬまま「バニーガールとダニーボーイ」へ。アメリカンなロックンロールでフロアを沸かせると、坂倉の厳ついゴッツゴツのベースが唸る「アビダルマ」。この怒濤の流れに、度肝を抜かされ「参りました!」と思わず口から出そうになった。メンバー全員、いつにも増してアグレッシブだったが、何よりも色気も男気を醸し出し、ラップまでこなしてしまう光村の「歌に対する強欲さ」には、呆気に取られてモノも言えない。

 熱気にまみれ、興奮冷めやらぬ場内。そこに水を指すよう静寂を与えたのが「バケモノ」だった。全身に重たくのし掛かるベース音と、ファルセットを聴かせた歌声が狂気的な匂いを漂わせる中、一番のハイライトは古村の血の滲むようなギターソロ。それは、胸がはち切れそうなほど痛々しい音色で、古村は無我夢中にかき鳴らす。鋭さを帯びたギターサウンドは、いつになく生々しい。そして、更に核心に迫るよう、続く「Diver」で、自分達の内面を深く掘り下げ、剥き出しの姿をここ武道館のステージで暴いていく。
 

 光村と古村はそれぞれアコースティックギターに、対馬はドラムスティックをブラシに持ち替え、2月に行われた『カベニミミ』でも披露した、アコースティックセットへ切り替えた。

 始まりは「Heim」。ゆったりとしたワルツのリズムに、アコースティックギターのアンサンブルと柔らかな光村の声が乗る。体の奥の方にある、目には見えないくらい小さな細胞までに行き届かせるよう、じっくりとオーディエンスに聴かせると、光村一人、ギターを爪弾き始めた。「バイシクル」だ。再び訪れた静寂の中、原曲よりもテンポを落とし、全身全霊賭けて熱唱する。
 『寄り道だらけの旅でも My Bicycle 悪くはないさ』
 それは、グッと拳を握り、耐え抜いてきた孤独な戦いそのものだろう。その姿がステージ上で顕わになったとき、青さ残るギターロックは、彼の歩んだ人生と共に「ブルース」へと姿を変えた。

 再びバンドセットに戻し、聴こえてきのは「Mr.ECHO」。快活なビートと美しいメロディが、武道館いっぱいに広がり始め、まるで、光村の抱えた闇が開放されていくようだった。そしてここで、とても印象深い場面に遭遇する。エンディングにかけてのコーラスを、古村、坂倉、対馬が、それぞれに抱えていた孤独・葛藤の全てを吐き出すように、力強く歌い続けたのだ。「Mr.ECHO」は、自問自答を続ける歌詞と光村しか出演していないプロモーションビデオから、彼個人の内省を強く打ち出している作品だ。しかし、戦い続けてきたのは彼だけではない。一人一人が自分と向き合い、立ち現れた壁を打ち砕き続けなければ、自分もバンドも進化しない。キャリアを重ねていく中で、また、今回のリベンジを果たすためには、全てを剥き出しにした姿で戦わなければならないという責任と危機感があったのだろう。それは、本気の勝負に出た象徴であり、真のロックバンドとしての立派な姿だった。

  
 そして、4人が出した次なる決断。光村はその孤独な旅を『駆け抜けろ』と歌い上げる。力強く、真っ直ぐにずんずん進むビートを対馬と坂倉が刻み、煌びやかに鳴り響く古村のギター。無駄なものが全て削ぎ落とされ、引き締まったバンドアンサンブル「ローハイド」は、疾走感と共に武道館を駆け巡る。目指し続けたこの場所には、溢れんばかりの拍手喝采と、多幸感広がっている。それでも4人は留まることなく、ラストに向けて走り続けるのだった。

 メンバー全員、全身振り乱しながら演奏し、曲中のブレイクで光村が客席の隅々まで笑顔を確かめると、感極まる気持ちを抑えながら「こんなんじゃ、明日は土砂降りでございますよ!」と大満足な笑みをみせた「ニワカ雨ニモ負ケズ」。割れんばかりのハンドクラップを武道館中に響かせ、メンバー4人と9,000人近くのオーディエンスによる盛大なシンガロングで締めた「手をたたけ」。
 そして、本編ラスト。「リベンジソング」の名の下にワンマンライヴやフェスで演奏し続け、ようやく武道館で披露できた「天地ガエシ」。逞しく、伸びやかに広がり続ける光村のヴォーカルと自由度を増したサウンド。ステージ上の4人は、バンドを組んだばかりの少年のような無邪気さと、自信に満ち溢れている。そこに、オーディエンスの歓喜と、彼らを祝福するように、紙吹雪が華やかに舞う。歌い終えた光村は、片手でギターを高々と掲げガッツポーズを見せつける。無事リベンジを果たした勇ましい4人の姿は、眩しいほどに美しく輝いていた。


 鳴り止まないアンコールに4人揃ってステージに登場し、1曲目に披露したのは「image training」。インディーズ時代に発表され、長年彼らを追い続けてきたオーディエンスにとっても、親しみ深いこの曲は、キリッとした都会的なサウンドに成長し、NICO Touches the Wallsの「今」の姿が見えた。それを「未来」へ繋げたのが、光村が10代の頃に作った「TOKYO Dreamer」だ。安定感のある8ビートと所々に加わるコーラスが、浮遊感ある幻想的な世界を描くが、しっかりと地に足の着いた演奏だった。

 この曲が生まれてから10年以上の歳月が経ち、夢が現実となり、4人はたくさんのものを手に入れてきた。しかし、この歴史的なステージとなりうる武道館のライヴで自らが用意した舞台には、それぞれの楽器とアンプがぽつん置かれた、至ってシンプルなステージ。そこに、全員モノトーンを基調としたTシャツとパンツスタイルで現れ、ベスト盤『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト』に収録されてい楽曲中心の、スタンダードなセットリストでライヴを行った。
 なぜなのか?と聞かれたら「バンドとしての足跡を確実に残す為」と答える。アンコールに入る前に、光村は溢れんばかりの拍手喝采を、何度も何度も浴びてきたにもかかわらず、「一つ課題がクリアされると、次が出てくる。一生リベンジなんです。」と、その胸の内を明かした。私は、彼の真摯な姿勢に胸を打たれ、これまで不器用ながらも着実に前進してきた自分達を、丸ごと認めることができたのだろうと感じたのだ。
 そんな彼らの、自分達に必要な最小限のもので勝負に出た「覚悟」は、『必ずこの夢を叶えるんだ』という強い決意だけが存在している「TOKYO Dreamer」の数少ない言葉達とシンクロする。NICO Touches the Wallsが、どのバンドにも決して負けない、バンドマンとしての強い使命感を持ち、彼らが音楽と共にある運命にあることを物語っているのだ。


 この日、一度だけ光村がとても悔しそうな顔をした。それはアンコールに呼ばれてすぐのMCで、「正直やりたかったけど、やれなかった曲があと5倍くらいある。」と本音を漏らした時。

 しかし、その悔しさを打ち消すように、再び強く宣言する。NICO Touches the Wallsは、来年の冬、東京と大阪の2カ所で新たなリベンジを果たす。4人は、武道館に集まったオーディエンス、一人一人の手を強く握り締めていくように、アンコールラストの「N曲とN曲」で、再会の約束を、熱く交わしていった。
 全ての演奏が終わると、楽器を置き4人全員ステージ前方に並んで立つ。互いを確かめ合う様に、ぎゅっと繋いだその手を掲げ、深々とオーディエンスにお辞儀をした。4人のその表情は、ステージから少し離れた1階スタンド席にいた私でさえも、やりきった!という表情であることがわかるくらい、満面の笑みだった。そして、ステージを離れることを惜しみつつ、「引き続き僕らのリベンジに付き合って下さい。ありがとうございました!」と光村はラストメッセージを残し、4人は会場の隅々までに手を振りながら、期待いっぱいの武道館を後にした。


********************************************


 2014年8月19日。
 
 この日、彼らの記憶に刻まれた悔しさは、NICO Touches the Wallsの『最大の武器』となるだろう。昨年のリベンジ宣言以降、めざましい勢いで進化を遂げてきたのだ。もう、何一つ不安に思う必要などない。

 「一生リベンジ」。その言葉を胸に、信じる道を突き進め。


セットリスト
1 Broken Youth
2 THE BUNGY
3 ホログラム
4 夏の大三角形
5 妄想隊員A
6 B.C.G
7 バニーガールとダニーボーイ
8 アビダルマ
9 バケモノ
10 Diver
11 Heim
12 バイシクル
13 Mr.ECHO
14 ローハイド
15 ニワカ雨ニモ負ケズ
16 手をたたけ
17 天地ガエシ

encore
1 image training
2 TOKYO Dreamer
3 N極とN極




にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村
[PR]
by musicorin-nirock | 2014-09-10 16:32 | LIVE

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る