NEW POST

9/13NEW ACOUSTIC CAMP 2014"Mini-Atus"

Mini-Atus とはthe HIATUSから派生した、細美武士(Vo&G)、masasucks(G)とウエノコウジ(B)の三人によるユニットだ。結成の経緯は単純に柏倉隆史(Dr)と伊澤一葉(Key)のスケジュールが合わず、もともとはバンドで出演のオファーを頂いていたそうだ。しかし、この3人によるアコースティックセットのライヴは、NEW ACOUSTIC CAMP(以下NAC)のシチュエーションと最高のマッチングであり、ここでしか味わえない感動が沢山散りばめらており、特別な時間を私たちにプレゼントしてくれた。

山の一角をくり抜いたように広がる芝生の上にポツンと建てられたStage YONDER。脇にはペナントが、そして木で作られたアルファベットのオーナメントも飾られており、手作り感が溢れていた。それだけでも、ライヴハウスや大きな野外フェスティバルのステージとは違うのだが、このステージを盛り上げた一番の演出は、大自然そのものだった。水上高原の澄んだ空気、木々の深い緑と芝生の優しい緑、時間と共に変化していく頭上にひろがった一面の晴れた空。

今、この時しか感じられない風景の中を、アコースティックの優しいサウンドと細美の柔らかな歌声が、風と共に運ばれていく。

細美は自身の弾き語りステージでも良くアコーステックギター一本で、the HIATUSの曲を歌うこともあるが、ウエノの低音が加わることで厚みが増し、masasucksが花を添えるような繊細なメロディを奏でる。そしてコーラスも加わることでオーディエンスも一気に盛り上がり、温かな一体感が生まれていた。彼らのライヴといえば、攻撃的で戦闘態勢剥き出しの、観る者全員を圧巻させるパフォーマンスを常に繰り広げているが、この日に限っては、その重たい肩の荷を下ろせたのだろうか、とてもリラックスした空気がステージには流れている。

また、一曲演奏が終わるたびにMCが入り、普段ライヴで滅多に話さないウエノもそれに加わって、まるでリハーサルを見ているよう。しかも、このMCがとても面白かったのだ。3人の年齢の話や(ウエノ47歳、細美41歳、masasucks37歳。私は10歳も年齢差があるバンドだったことに驚愕)、ウエノが大河ドラマが好きで良く観ているのだが、竜馬伝で「竜馬を殺したのはあの中村達也(LOSALIOS)」という流れから、最近はKj(Dragon Aah)や金子ノブアキ(RIZE)も出演しているという話をすると、細美「ルパン三世の次元(大介)はウエノさんしかできなないでしょう!」、ウエノ「(手を横に振りながら)顔が違う!」オーディエンス「爆笑」。と、とにかく和やか。この調子で笑いがずっと絶えなかった。

9月13・14日の2日間にかけて行われた、NACは群馬県にある水上高原で開催されるようになり今年で3年目を迎えた。オーガナイザーである細美の盟友TOSHI-LOW(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)がゲストで呼ばれると、ウエノの私物ジャケットを勝手に羽織り(しかもウエノ本人は途中まで私物であることに気が付かない)、細美がその夜使用するテント(投げると広がり、簡単に組み立てられる「ワンタッチテント」というもの)を投げながら豪快に登場し、引き続き爆笑トークは勢いを増す。そんな中、4人がTHE BLUE HEARTSのカバー「青空」を披露すれば、細美とTOSHI-LOWが出会い、今日まで歩んできた道のりを思わせるとても力強い2人の歌声に、胸が熱くなった。

このイベントは"FES"ではなくて、あくまでも"CAMP"。2日間山の中で、木登りしたり、アスレチックで遊んだり、各々テントを張りバーベキューをしたり、芝生でただ寝転んでのんびりしたり。ここに集まってきた人たち、それぞれが自由にこの場所と時間を楽しむことができ、ただそこに音楽が流れている空間だった。そう、主役はライヴに出演するアーティストではなくて参加した自分自身なのだ。…ということに気が付いたとき、今回のMini-Atusのセットリストを振り返ってみたら、みんなで手を叩き合い、歌って踊れる楽曲ばかりで、この時を楽しみ、最高の2日間にしようという想いがストレートに伝わってきて、彼らとの距離がまたぐっと縮まったような気がした。

夢のような2日間を過ごし、帰りの高速バスではほとんど眠ってしまっていた。イヤホンの向こうにはthe HIATUSが流れている。ラストソングだった「紺碧の夜に」をみんなで歌い、またここで再会しようと約束したことを、心の中に閉じ込めて。

そして、「東京に戻ったらまた頑張ろう。」と小さく誓った。


セットリスト
1 Horse Riding
2 Silver Birch
3 Somethig Ever After
4 Shimmer
5 青空(THE BLUE HEARTSカバー)with TOSHI-LOW
6 紺碧の夜に


[PR]
by musicorin-nirock | 2014-09-27 23:02 | LIVE

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31