NEW POST

5/14 Nothing's Carved In Stone @ 渋谷CLUB QUATTRO

3月から始まったMonthly Live at QUATTROもいよいよ最終節。そのVol.3は“3✕6=構築”。インディースからメジャーデビューへの架け橋となった3rdアルバム『echo』と、オリコン10位という記録を叩きだし、実質上メジャー最後の作品となった6thアルバム『Strangers In Heaven』という、Nothing's Carved In Stone(以下NCIS)の歴史を大きく“構築”した2枚が再現される。

開演前から熱気が高まる中、『echo』のオープニングを飾る“Material Echo”をSEにメンバーが登場。歓声と共にオーディエンスがステージへと押し寄せる最中、生形真一(G)のエッジィなエレキギターが鳴り響き“Truth”、そして“Spiralbreak”と連打。まるで牙を向けた蛇の様に野性剥き出しでメンバーはオーディエンスに食って掛かり、続いて『Strangers In Heaven』から“What's My Satisfaction”を投下する。大喜多崇規(Dr)と日向秀和(B)が絡み合うタイトなビートがフロアを激しく揺らし、オーディエンスの熱量は既に沸点超えていた。爆発的な盛り上がりを見せる中、オレンジと白いライトに照らされ始まった“Brotherhood”。サビではたくさんの手がフロアから上がり、熱気まみれのQUATTROが音の光で包まれていく。

「お前らと同じように今日を楽しみに待っていました。開放していこう」などと村松拓(Vo&G)が手短くMCを済ませると、がっちりと骨組みされた屈強のバンドサウンドで4人は暴れ馬のようにかけずり回る。一件反発し合っているように聞こえる生形と日向のフレーズがばしっと型にはまったアンサンブルが見事だった“Falling Pieces”から始まり、生形のキレッキレのギターリフが全力全開となった“Crying Skull”、ラテン系のリズムに大喜多の持ち前のダイナミズムが投入された“(as if it's)A Warning”で、フロアは一気にダンスホールに。逆風を跳ね飛ばす勢いで怒涛の展開を繰り広げ、ここでブレイクのように挟まれたのが、ミドルバラード“Goodnight & Goodluck”。ハンドマイク姿となった村松の逞しく優しい歌声が響き渡り、表現者としての華々しい存在感を放つ。しかし、気迫のこもった表情で“雪渓にて”を熱唱する村松は、いつもの彼とはどこか違っていた。

今回再現された2枚のアルバムの一枚である『Strangers In Heaven』は、聴き手と共鳴し合える歌詞、開放感に溢れたサウンド、そして“ダンス”の要素もプラスされた、一体感を強く味わえる作品となっている。逆に『echo』は、“己”に向けて歌われた曲が多い。自分と対峙し、孤独と闘い、抑えきれない怒りに突き動かされる衝動が、ヘビィなサウンドと共に人間の内側に深く沈み込ませていく。この日ライヴ中盤のMCで村松は、「最近、己がふらついている」と曝け出し、その直後の“9 Beat”から『echo』収録曲が続いた。ラウドで情熱的なサウンドをバックに<生まれ続けてる/摩擦が頬を削いでいく/それが辛いって隠せずに言うなら/You are doubt>と、生々しい感情が感情のまま声となる。しかし、彼は感情を爆発させていたわけではなく、自分の中で起きた事実を冷静に受け止め、真摯にオーディエンスと向き合い続けていた印象を私は強く持った。

幻想的な“キマイラの夜”からインストナンバー“7th floor”へ流れ込み、勢い良く放たれた“ツバメクリムゾン”でフロアは開放されていく。溢れんばかりの高揚感と多幸感。そこに間髪入れず、歪む日向のベースが唸る“TRANS.A.M”で畳み掛け、ラストスパートをかけるようにNCIS流ダンスロックの要“Idols”を投下。再び始まるダンスタイムに揺れるフロア、蒸されるQUATTRO。

そして、“Intro”が流れる中を、精悍な顔つきで村松は話し始めた。「俺たち全然…まだ俺自身、至らないところもあって、ロックバンドとして。もっと成長して、もっとみんなを遠くまで連れて行けように頑張ってるんで、付いて来て下さい。ありがとうございました。Nothing's Carved In Stoneでした」。柔らかなギターのイントロが、ゆらゆらと揺れる陽炎を思い描く“Shimmer Song”。<そこに情熱を築いていて/いくつもの矛盾と対峙して/きっと自由を求めていて/陽炎は希望を燃やしている>。放たれる言葉一つ、どれをとっても、今の彼の気持ち全てを代弁していたと思う。表も裏もない感じさせない歌声は、彼がとことん正直者であることを証明し、バンドマンとして抱え続ける情熱と新たな決意がミックスされ、今まで聴いてきた中でも一番感動的な“Shimmer Song”だった。

本編ラスト“To Where My Shoe Points”で、村松はフロア全体を眺めながら、1人1人の表情をしっかりと確かめていた。メンバー4人、全てを出し切り、逞しいサウンドでエモーショナルな空気にフロア包み込むと一旦ステージを引き下がった。

アンコールを求める鳴り止まない拍手の裏では“Chain reaction”のイントロが流れ続け、真っ白なライトに照らされる中、再びメンバーが登場する。“Chain reaction”の後のMCは人間ドックの話題になったりと、笑いの絶えない和やかな時間だった。そして、アンコールラストは“False Alarm”でライヴは無事に終演。しかし、先日、村松のブログにてレーベル移籍の発表があり、今年の4月よりメジャーからインディーズへ返り咲いたのだが、この件についてMCでは一切触れることはなかった。ただ、煮え切らない気持ちであることは、前述しているMCや村松の歌声、そして4人のバンドサウンドから胸に迫る勢いで伝わり、こんなにも生々しいNCISのライヴを体感したのは初めてだった。

個人的な事を最後に記すならば、NCISはやはりライヴバンドである。ライヴを体感してからこそ、彼らの本物の格好良さがわかる。生形、日向、大喜多という最強のプレイヤー達の名演は耳だけではなく、その姿を目で見たことで改めで本物であることが理解できたし、それは、言うまでもなく村松のヴォーカルもだ。彼の歌唱はデビュー当時と比べかなり大きな変化を遂げ現在も進行中であり、彼が覚醒していく様を、この“3✕6=構築”で私は見届けたような気がしているし、私の彼らへの期待は強まるばかりだ。

この、3カ月に渡り行われたMonthly Live at QUATTROは、リスナーの投票により8月にライヴアルバムとしてリリースされ、再現ライヴも開催されることが既に告知されている。2008年のバンド始動からの集大成であると共に、NCISのライヴでしか味わえない臨場感が大いに詰め込まれた一枚になるだろう。



set list
1 Material Echo
2 Truth
3 Spiralbreak
4 What's My Satisfaction
5 Brotherhood
6 Falling Pieces
7 Crying Skull
8 (as if it's)A Warning
9 Goodnight & Goodluck
10 雪渓にて
11 9 Beat
12 Midnight Train
13 Everlasting Youth
14 Seasons of Me
15 My Ground
16 キマイラの夜
17 7th Floor
18 ツバメクリムゾン
19 TRANS.A.M
20 Idols
21 Intro
22 Shimmer Song
23 To Where My Shoe Points

encore
1 Chain reaction
2 False Alarm

[PR]
by musicorin-nirock | 2015-05-24 22:04 | LIVE

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31