NEW POST

“My Instant Song E.P.” / MONOEYES



その音を耳にしたら一瞬で、目の前の景色が変わる。音楽が好きな人なら誰でも、一度は経験したことがあると思う。もし「そんな経験まだないよ」という人がいるなら、MONOEYESのデビュー作『My Instant Song E.P.』を聴いてみて欲しい。

今年の頭に突然発表された細美武士のソロプロジェクトは「MONOEYES(モノアイズ)」というバンド名で、6月24日にデビューした。メンバーはギター戸高賢史(ART-SCHOOL/Ropes/Crypt City)、ベース&コーラスは、細美とは長くつきあいのあるスコット・マーフィー(ALLiSTER/スコット・マーフィー/スコット&リバース)、そして、the HIATUSのドラマーとしても活躍している一瀬正和(ASPARAGUS)。3人とも現役バリバリで熱いロックを鳴らし続けている男たちだ。私は、バンドメンバーが発表されるまで一体誰なのだろう?とドキドキしていたけど、4人の並んだアー写を見た瞬間、1人にやけてしまった。なんていうか、学生時代にいつも一緒に連んでいる仲間と「バンドやろうぜ!」というノリで集まった4人みたい・・・と言えば良いのかな。バンド結成の背景のあるものが「熱い友情と多大なる信頼」の2つのように思えて、「あぁ、もう、本当に細美武士らしいよなぁ」って、馬鹿みたいにニヤニヤが止まらなかった。

細美と言えば、ELLEGARDENのギター・ヴォーカル。細美と言えば、the HIATUSのヴォーカリスト。また、最近の細美と言えば、盟友TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)とのユニットthe LOW-ATUSの『みーちゃん(細美の愛称)』として2人で漫談したり、新旧洋邦問わずカヴァーソングを披露する。でも、このMONOEYESの細美は、四方八方どこからのぞき込んでも、100%細美武士。力強くて、繊細で、ちょっぴり青くて、でも大人で。久しぶりにパワーコードに乗る細美の声を聴いていたら、メロディック・パンクを歌わせたら彼しかいない、と思ってしまうほどだった。そして、そんな3曲を初めて通して聴いた後、私はとても不思議な感覚に包まれた。それはまるで、音の中で細美と会話していたような感覚だ。歌詞の中に登場する、“僕”が細美で“君”が私なんてことは200%あり得ないけど、このE.P.がもたらす距離感は「本当にそうなんじゃないか?」と疑ってしまうほどに、近い。そして、細美はこんな言葉をかけてくれている気がしたのだ。「お前は今、一人かもしれない。でも、決して独りではないんだ」。

もちろんメンバーがいるし、演奏面では彼らのエッセンスがしっかりと注ぎ込まれていることは確実だけど、あくまでも細美武士のソロであることを前提にこのE.P.は作られたのだろう。そして、上の“My Instant Song”のPVを見ていて思ったのだが、細美が楽しそうなのはもちろん、戸高、マーフィー、一瀬の3人は細美以上に楽しそうだ。彼らは細美と一緒にバンドが出来る喜びをストレートに音にしている。だから、見ていてこちらも笑みがこぼれるし、なんだが無性に泣けてきてしまうし、結果的にそれが細美武士なんだよなと思う。

ただ、この幸せな気持を生で体感できるのは、4人だけではない。7月下旬からは全国ツアーが始まり、夏フェスにもバンバン出演することが決まっている。4人と一緒に歌い、泣き、踊り、飛び跳ね、ただただ、音の幸せの中で「独りじゃない」ことを、これから多くのリスナーが味わうことになるだろう。そして、何よりこの旅の始まりが、東北という場所からなのも、もう本当に彼らしい。





[PR]
by musicorin-nirock | 2015-06-25 22:05 | MUSIC

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31