7/18 田中和将(GRAPEVINE)+高野寛@Zher the ZOO YOYOGI

ラジオパーソナリティの中村貴子さん主催の“y's presents 『貴ちゃんナイト vol.7』”へ行ってきました。出演は、カミナリグモ、田中和将(GRAPEVINE)+高野寛、高野寛の3組(出演順)。中村貴子さんと馴染みのあるアーティストによる、キャパ300人にも満たないライヴハウスでの過ごした約3時間は、予想以上に贅沢な時間となりました。いやぁ、貴子さんありがとう(笑)。私は高校生の頃に、中村貴子さんがDJを務められていたNHK-FM「ミュージック・スクエア」を毎晩聴いてまして、この番組のおかげで多くのバンド・ソロアーティストを知り、今回出演された田中さんのバンド、GRAPEVINEとも出合いました。多分、このラジオと音楽雑誌「ロッキン・オン・ジャパン」が無ければ、今の私ない、と言い切れるほど思い入れの強い番組で、妙にノスタルジーに浸りながら一人家路につきました。

では、個人的メインであった、田中さんと高野さんのステージについてのレポートを以下記載します。

************************

いつものように白シャツ姿で田中和将は現れた。相変わらず飄々としていて、リラックスしているようにも見えたのだが、今夜はGRAPEVINEではないし、勿論Permanentsでもない。大先輩・高野寛との一夜限りのユニットであり、ドラムに高野とのコンビでもお馴染み宮川剛も加わった3人編成のステージである。いつもよりMCが控えめに聞こえたのは(それでも良く話すようになったのだけれど)、やはり緊張していたのだろう。

1曲目。田中が突然歌いだしたのは“光について”。抱えたアコースティックギターを荒々しく鳴らし、力強い歌声を上げた。高野と宮川の鳴らすソリッドなアンサンブルに導かれ、男らしく、ブルージーに化けている。「挨拶代りに」と曲紹介をしていたが、そのわりには随分渋い。元々曲に存在する繊細さをいい意味で打ち消し、今の田中にしか歌えない”光について”であった。

「GRAPEVINEやPermanentsではやらない曲をやります」という事で、続いたのは“また始まるために”と“鏡”である。オーディエンスからの久しぶりに聴くことができた高揚感がフロアには終始漂う。高野はギターを弾いたり沢山セッティングされた機材をごそごそ操ったりと、何かと忙しそうであったが、彼の柔らかな歌声が田中の声に重なると、一層歌の世界が広がった。つまり、演奏する人や歌う人によって曲に新たな色が加わり、また違う一面を聴き手に見せてくれるのだ。次から次への新しい曲が生まれる世の中で、これは古いやり方に映るのかもしれないが、別の魅力を引き出せるとは、長年経験を培い、リスペクトされ続けてきたアーティストだからこそ、なせる業なのだろう。

田中自身、高野の曲は好きでよく聴いてきたそうだ。「あまり聴いていない人からには感じないんですけど、聴いてきた人なので(高野からの)圧が…(苦笑)」と言いつつもにこやかで、とても嬉しそうだった。続いては高野がVocalを務めたトッド・ラングレンのカバー"I Saw The Light"(日本語歌詞Ver)。田中のリクエストで決めた曲らしく、彼がギタリストに徹する姿も新鮮だ。そして、再び田中のステージへ。私自身、何年振りに聴いたのか正直思い出せない、しかし貫禄に満ちた"フラクタル"と、最後の曲の“TWANG”は、3人のアンサンブルと田中の歌が胸に迫る勢いで、圧巻のパフォーマンスだった。

憧れのミュージシャン、大好きなバンド。そういった自分のルーツに近づくために、まずは「似させよう」と必死に努力するのだろう。そして、経験を積むことで、その努力が血となり肉となり、いつの間にか自分自身として表現できるようになる。今日の田中のパフォーマンスは、まさに今述べたまんまである。CDで聴く声の初々しさは彼にはもうないが、年齢を重ねたからこそ歌える歌がある。40代の哀愁漂うブルージーな”光について”は、リアルタイムで聴いていた頃よりも妙に胸に染み入る声だった。

そして、一夜限りのユニットとは言わずに、またいつか実現してほしい。


set list
1 光について
2 また始まるために
3 鏡
4 I Saw The Light
5 フラクタル
6 TWANG


[PR]
by musicorin-nirock | 2015-07-19 00:00 | LIVE

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る