NEW POST

“Howdy!! We are ACO Touches the Walls”LIVE at Billboard Live TOKYO / NICO Touches the Walls



NICO Touches the Walls 初のビルボードライブのLIVE DVD『“Howdy!! We are ACO Touches the Walls”LIVE at Billboard Live TOKYO』が遂に発売された。今年の2月、バンド初のアコースティックアルバム『Howdy!! ACO Touches the Walls』をリリースし、アルバムの再現ライヴでもあったステージの第2部の本編とアンコール、そして第1部のアンコールの模様が収録されている。

先日終了したばかりの『まっすぐなツアー』でも、光村龍哉(Vo&G)がアコースティックアルバムが彼らにとって、いかに大きな存在であったか、MCで力説していたことは印象深い。実際、このビルボードライヴ後に通常のバンドセットでの演奏を久しぶりに観た時(3/5新木場COASTで開催されたNICOフェスト) 、ステージに立ったメンバーの佇まいが見違えるほどに変わり、バンドサウンドも歌声も、よりリスナーに近い場所で鳴らされていたことに驚いた。

ひたすらバンドの過去と対峙してきた2014年。中でも、アコースティックアルバムの制作の過程で、自分達が産みだしてきた楽曲の素晴らしさに気付けた事が、とても大きな収穫だったのだろう。また、同年二度目の日本武道館にも立ち、バンドの節目をいくつか迎えることにもなった。その一連の流れの締め括りが、ビルボードライブになるのだろうと、DVDを観ながら私は思った。

アコースティックアレンジになると、曲本来の姿が顔を出す。そして、私達リスナーは、それまで見えなかった部分を知ることになる。今回のLIVE DVDの中で、光村が1人アコギを抱え弾き語った“バイシクル”は、個人的にアコースティックVer.を聴いた前と後で一番印象が変わった曲である。「圧巻」の一言に尽きる歌唱力。歌が上手い・歌が下手という枠組みを飛び出し、ただ、彼の中で燃え続けている熱い魂に触れたような、生々しい歌声。勢い良く坂道を駆け下りていくような爽快感あるギターロックの裏側には、歯を食い縛り、悔しさを飲み込み続けていた等身大のブルースが存在する。それを恥ずかしげもなく見せたことで曲に説得力が付き、リスナーとの距離感も更に近づいたのではないだろうか。

しかし、このバンドの面白さは、原曲とは一味違った世界を創造してしまうことだ。よって、アコースティックアレンジとはいえ、原曲よりも大幅に雰囲気が変わった曲ばかりである。また、メンバー4人で行うドラムセッションや美しいコーラスワークなど、メインパート以外にも力を入れており、一人一人のアーティストとしての成長もよくわかる。キャリアを重ね、進化を遂げている証ではあるが、観ていて嫌らしく映らないのは、彼らの根本にあるものが「音楽が好き」という純粋な想いだからだろう。憧れたビルボードライヴのステージに立つ4人を観ていると、会場に集まったお客さんよりも、まずはメンバー自身が誰よりも楽しそうなのだ。その空気感が、思いっきりわかるLIVE DVDになっている。

[PR]
by musicorin-nirock | 2015-08-01 10:47 | LIVE DVD

ライヴレポート中心。GRAPEVINE と NICO Touches the Walls 、the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31