8/4 MONOEYES@渋谷CLUB QUATTRO

細美武士のソロプロジェクトはMONOEYESというバンドで始動した。メンバーは通称“トディ”こと戸高賢史、ベース&コーラスはスコット・マーフィー、そしてドラムは一瀬正和。それぞれに長年のバンドマンとしてのキャリアがあり、バンドが大好きな4人である。細美が一人一人に声を掛けバンド結成に至るまでには、個々に山あり谷あり超えてきた過去がある。しかし、このバンドには重苦しさが何一つ存在しない。とにかくメンバー間の風通しが良い。細美がDJを務めるラジオ番組を聴いたとき、全員参加のインタビューを読んだとき、4人の絶えない笑い声と、流れ続ける和やかな空気から、そんな仲間に出会えた彼らが、私は心から羨ましく思っていた。

7月30日、千葉LOOKからスタートしたMONOEYES『A Mirage In The Sun Tour 2015』。その3公演目にあたる8月4日、渋谷CLUB QUATTRO。某有名映画のテーマソングをSEにメンバーは登場し、大歓声が上がる中一曲目が始まると、そこから絶え間なくクラウドサーファーが出現。ライヴが進むに連れモッシュの波がどんどん広がり、上がり続ける拳の数も増え、細美の声が聞こえない位のシンガロングがキャパ800人規模のライブハウスに充満する。熱気と共にフロアが高揚してく光景は、あまりに壮観で思わず私もフロアに飛び込みたくなった。

何よりメンバー4人、オーディエンスに負けないくらいライヴを楽しんでいる姿が印象的だった。くるくると回りながらベースを弾く姿がファニーなスコットが、細美の声にハモるコーラスなんて、びっくりするほど気持ちが良かった。全身振り乱し、フロアを煽るようにエレキを掻き鳴らす戸高の姿には強い男気を感じ、スコーンと突き抜ける様な爽快感と地響きのようなダイナミックさを持つドラミングで、動きまくる3人を背後からどっしり支える一瀬は、メンバー1頼もしかった。そして、ガッツポーズを何度も見せ基本笑顔の細美。彼は、いつになくオープンな気持ちでステージに立っているように見えた。最高の仲間と共にMONOEYESを始動させ、たくさんのオーディエンスに囲まれ歌を歌えることが、どうしようもなく幸せなのだと、彼の全部から伝わってくるのだった。そして、最後のMCで「心が折れそうになったら、ライヴハウスで待ってるよ」と投げかけられるくらいオーディエンスとの距離も近い。この近さこそ、細美が信念通して音楽を続けてきた結果なのだと思う。

アンコールでは、突然乱入したTOSHI-LOW(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)がフロアに突然ダイヴするというハプニングもあり、負けじとスコットも最後はダイヴ。メンバーとオーディエンスの垣根が吹っ飛ばされ更に一体感が増し、ハッピーな空気で始まったライヴはハッピーな空気ままで終わった。冒頭でも述べたが『このバンドには重苦しさが何一つ存在しない。とにかくメンバー間の風通しが良い。』だからこそ『絶えない笑い声と、流れ続ける和やかな空気』がライヴハウスには広がる。最高のメンバーと、目の前で思いっきり笑顔を見せるオーディエンス。そして、そこに音楽があれば最高な時間を過ごせるのである。簡単なようであるが、そう簡単に表現できるバンドは、なかなか存在しないだろう。それをMONOEYESは堂々と証明し、まさにこれがMONOEYESの世界なのだ、と私は強く、そう感じた。






[PR]
by musicorin-nirock | 2015-08-11 12:16 | LIVE

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る