10/24 GRAPEVINE @長野CLUB JUNK BOX -club circuit 2015(番外編)-

後日きちんとしたライヴレポートをアップする予定なので、こちらでは番外編をお送りします。



***

GRAPEVINEの毎年ほぼ恒例?で開催されるclub circuit (通称:クラサー)。今年は9月に野外コンサートが行われた東京と大阪の2都市を抜かした地方6都市(広島、福岡、名古屋、長野、仙台、札幌)を回り、残す所は仙台と札幌の2ヵ所であり、只今絶賛開催中。今回私は在住している関東から一番行きやすいと思われる街、長野へと向かいました。北陸新幹線で約2時間だったので、関東近郊にお住まいのバインファンの方がたくさん集まっていたのではないのでしょうか?

12時過ぎに長野には到着。お昼にお蕎麦を食べ、駅ビルで翌日の朝ご飯を買って(お焼きと林檎ジュース)、ホテルでのんびりした後に会場へと向かいました。

長野CLUB JUNK BOXは長野駅から徒歩10分足らずで行ける距離だったような・・・長野駅で降りたことが初めてであり、慣れてない場所なので定かではありませんが、そう遠くは無かったです。『again』というショッピングビルの7階に位置する長野CLUB JUNK BOXの壁には、バンドのフライヤーやらステッカーが隙間なく張ってあって、それだけで私はテンション上がる!!何よりもキャパ400人という狭い箱で、天井も低く、久しぶりに『THE・街のライヴハウス』という場所でのGRAPEVINEのライヴに大興奮しておりました。

定刻の18時を少し過ぎた頃にメンバー登場。ライヴはスタートします。

曲などについては一旦置いておき、それ以外でライヴを観ていて気付いたことを。Vo&Gの田中和将さんは、ほんっと~に良くお客さんを観てます。これにはびっくりしました。お客さん1人1人の表情を確かめているようでした。ライヴ中、ヴォーカリストの方は目線をPAさんに持って行くと良く聞きますが、彼の場合は違いますね。しかも、これまたにこやか~に歌うもんだから、目が合ってしまったもんなら本気で照れます。(それが勘違いだったとしても、彼の笑顔を観ているだけでも、照れてしまいます)。

そして、デタラメ言うのもほどほどにしないと怒られますよ…と内心思いつつも「田中さん、丸くなったよな~」としみじみ思ってしまったのがMC。先日、突然配信された“EVIL EYE”。話題のPVはご本人の私生活らしく(デタラメですよね?!)、またサビの♪確かめるぜ~イェッで決めるEVIL ポーズは相当お気に入りのようで、突然歌い出してはこのポーズ決める。この悪ノリ感はまるで小学生。あ、奈良県もお気に入りのようでしたね。お酒も入っていたこともあり終始ご機嫌で、突然♪フフフ~ンと鼻歌歌っちゃうし。あとはもう、いつものお決まりのパターン「長野にはもう二度とこないぜ~」とおっしゃられておられました(勿論デタラメ)。しかも、本編最後の曲が終わりステージをはけるときに、紙コップに入っていたお酒を、田中さんうっかりこぼしてしまって。「アンプにはかかっていない」とか云々言いながら立ち去って行きましたけど、ローディーさんがすぐにタオルで拭いてました…。

「マイペースにやらせてもらっています」とMCで話していた通りの(笑)驚く程のマイペースっぷりを発揮していましたが、決めるところはガツン決める。音楽へのプライドは、申し分なく演奏でガッツリ味わってしまいました。

そんな大らか過ぎる田中さんとライヴの雰囲気に「こいつらならわかってもらえるやろ」というファンに対して確固たるものが、今、あるんだろうなと思いました。私達リスナー1人1人の心の中にもあるように。言葉にするなら「信頼」。もう、そうとしか考えられないです。

最近のライヴや音楽全般のムードは、「皆で共有すること」が強いられている流れにあると思います。私はこの「皆と共有すること」で覚えた感動に救われてきた部分もあるので、一概に否定はできないけれど、長野CLUB JUNK BOXのライヴを観終えて、GRAPEVINEが提示し続けているライヴスタイルを改めていいなと思いました。ハンドウェイヴもシンガロングもなし。皆で一斉にジャンプなんて確実にしない。それでも、GRAPEVINEの音楽を聴いた一人一人が、思い思いに感じるものが彼らからのメッセージならば、それは本人だけにしかわからない特別なもの。それって、とても素敵なことだと思いました。音楽の本質的な部分の一つだし、何より心が豊かになる。夜にツイッターでも呟いたけど、本当に「GRAPEVINEを知らないなんて勿体ない!」と思いました。だから、一人でも多くの人に手に取ってもらいたい。

そんな思いで、今もいます。もしも、私にできることがあるのなら、できる範囲でGRAPEVINEについて伝えていけたらと思います。


***


最後に。私は年齢の半分つまり人生の半分の時間GRAPEVINEを聴いていることに、つい最近気付きました(遅い)。高校生の頃から聴き始めたのですが、社会人1年目から30歳を迎える8年間は、取り敢えずCDは買ってライヴに行くことが習慣にはなっていたけれど、今のような熱心さは正直ありませんでした。音楽は常に流れている生活でしたが、とにかく自分の事が忙しくて、精神的にも肉体的にも余裕ゼロ状態で。前回「GRAPEVINEは心の特効薬」とライヴレポートに書いたように唯一の救いが彼らの音楽でした。

それでも、その精神的にアップアップな8年の間に耳にしていた曲を聴くと、思い起こされる記憶や感情が、実はたくさんあったことを思い知らされます。自分のことは勿論、印象的だった彼らのライヴのこともそう。どんどん、引っ張り出されます。

長野CLUB JUNK BOXでの私は、次々と披露される曲と、それを聴いたことで思い出した記憶を照らし合わせる作業を、自然と繰り返していました。まるでバンドと会話をしているような感覚で、当然ながら忘れていた感情がいくつも蘇りました。そして、とある曲を聴いたときに「私このままでいいんだな。大丈夫じゃん」と思うことが出来きました。悪戦苦闘の8年の間に出会った大切な一曲を聴きながら、これまでに、数多く色々なアーティストのライヴに行ってきたけど、自分の人生が絡みまくっているからこそ、一番自分らしくいられるライヴがGRAPEVINEなんだよなと思えました。

とても貴重な時間を長野で過ごすことができた私は「自分の夢に向けてがんばろう」と誓いました。諦めかけてはいたんだけど、でも、いつかまた何年後かにその曲をどこかで聴いたら、長野での出来事を間違いなく思い出すことになるはず。後悔はしたくない。だからその時までには、2015年10月24日に立てた誓いを果たせている自分でいられますように。勇気を出そうと思います。







[PR]
Commented by robetissage at 2015-10-28 01:20
こんばんは♪
さすがですね~(*^^*)
そうなんですよ!田中くん♡
丸くなりました!
ファン一人ひとりの顔見て
笑顔の大放出!
ほんと、照れちゃいますよね~。

cocoさんのライブリポート大好きです。
これからも楽しみにしています♪ヽ(´▽`)/
Commented by musicorin-nirock at 2015-10-29 21:40
> robetissageさん
今晩は!コメントありがとうございました(^^♪
そうなんですよね、かなり前にライヴ観てた時よりも
メンバーの雰囲気も柔らかくて
ライヴの雰囲気も大らかで、さすがだわ…と溜息ものでした!!
いやぁ。彼らのライヴを観終わったあとは胸いっぱいになっちゃいますね。
まだまだバインの事追いかけて
ライヴレポート書き続けますね(^^)/
by musicorin-nirock | 2015-10-26 22:55 | LIVE | Comments(2)

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る