11/19 YUKI@日本武道館

千葉・東京・大阪で行われた『YUKI LIVE dance in a Circle '15 』。そのツアーファイナルである11月19日、日本武道館。開演時間の18時半から21時までの2時間半、アンコールなしで行われた怒涛のロングパフォーマンスは、YUKIの代表的なヒットソングのオンパレードで、どこを切り取ってもライヴのクライマックスを迎えているような、壮絶な盛り上がりを見せた。

JUDY AND MARY時代から20年以上女性ヴォーカリストの第一線に居続けているYUKIには、当然ながら、並々ならぬ苦労や努力がある。しかし、常に好奇心旺盛で、何事にも果敢に挑み、ひたすら目の前にいるオーディエンスを楽しませ、愛を歌い続ける姿からは一切、彼女の抱える苦悩など感じさせる余地がなかった。YUKIという楽器が鳴らす音楽は、人間の抱える痛みや悲しみを、そっと優しく包み込む。そして、「私がいるから大丈夫!」「私に付いて着て!」と、オーディエンスの手を取るようステージを展開していくのだ。

YUKIの描く音世界にはネガティヴは存在しない。多幸溢れる空間は、ワクワクする気持ちを思い起こさせ、日々、忙しく生活していると忘れがちなことに、たくさん気づかされていく。好きな人には「好き」ということ。大切な人を大切にすること。そして人を愛すること。YUKIは人が人らしく生きることを、もっと原始的な意味を含ませて、それが自分の使命であるかのごとく、私達に伝え続けていた。

最後の最後に“WAGON”を歌い切ったYUKIは必死で涙を抑えていた。かつて、コンディションが不安定で思うように声が出ない時期もあったが、この日は、私が知っている中でも、これまでのキャリアの中で一番最高の歌声だったのではないかと思った。また、堪えていた涙が突然あふれ出してしまったYUKIも、同じことを思っていたように感じている。

年齢を重ねていけば重ねたぶんだけ、自身の音楽への可能性を広げ、魅力が倍増しているYUKI。それは、自分に対しストイックに接し続けている成果であり、彼女がを成し遂げ続けていることは決して誰もができることではない。しかし、私が10代の頃から一番憧れているYUKIが今もなお、輝き続けていてくれることは、どんなことにも勝る大きな励ましだった。だから、YUKIを聴いていると、かの有名なクラークの言葉『Boys be ambitious』ならぬ『Girls be ambitious』という言葉が私の頭には浮かんでくるのだ。


f0342667_16534490.jpg
SET LIST
1 プリズム
2 ロックンロールスター
3 ふがいないや
4 JOY
5 誘惑してくれ
6 好きってなんだろう…涙
7 キスをしようしょ
8 ハローグッバイ
9 tonight
10 愛に生きて
11 COSMIC BOX
12 ドラマチック
13 Home Sweet Home
14 ハミングバード
15 ひみつ
16 恋愛模様
17 Hello!
18 星屑サンセット
19 Night & Day
20 ランデヴー
21 ワンダーライン
22 鳴いてる怪獣
23 歓びの種
24 WAGON



[PR]
Commented by robetissage at 2015-12-04 12:40
YUKI、変わらず可愛くて、
しっかりと自分の道を歩いていて
「tonight」の柔らかな歌声も素敵です。
ここにたどり着くまでの想いの数々…
すべて浄化して内側から輝いているYUKI。
cocoさんのレポートを見て
ますますライブを見てみたいと思いました??
Commented by musicorin-nirock at 2015-12-11 21:46
> robetissageさん
久しぶりにYUKIちゃんのライヴに行ったんですけど、
彼女は本当に特別な存在なのだなぁって思いました。
なんていうか、これまでの彼女の、生き様が全て歌にあらわれていて
苦悩もちろんあったと思うのですが、それよりも、ポジティヴなエネルギーを
ただひたすら私達に伝えてくれて…。
始まりからずっと涙涙のライヴでしたよ!
by musicorin-nirock | 2015-11-22 17:30 | LIVE | Comments(2)

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る