『NO NUKES 2015』MONOEYESのライヴを観て

昨日、久しぶりにMONOEYESのライヴを観た。NO NUKES 2015という特別な意味合いの大きなイベントではあったのだけど、それはまた別の特別な場所に置いておいて、あの時間は、ただただ、自分の古い記憶が蘇る貴重な時間だった。

Vo&G細美さん曰く「クラスには一人いる、みんなと一緒に笑えない奴に向けて歌う」MONOEYESのライヴ。クラスで一人周りになじめず学生らしくいられなかったのは、何を隠そうこの私だった。私は10代後半から大学卒業にかけて、実は相当イタイ娘だった。周りいたクラスメイトのように、自由奔放に恋をしたり、バイトしたり、勉強したりできなかった。それがずっとコンプレックスだった。社会に出てからは、だいぶ人なりの人生を歩めるようになったと思っているけれど、時々今でもあの頃の私が顔を出してくる。基本的に不器用だし、素直なんだが捻じ曲がっているんだかわからない性格なのだけど、本当に自分が嫌になってくると、学生時代の自分をののしりたくなる。そんな時がこれまでに何度があった。

しかし、細美さんの作る音楽を30歳を過ぎた頃に知り、数年前に突然起こった大ピンチの時代を、なんとか乗り越えることが出来た。そう実感しながら過ごしていたある時、私は気が付いた。「コンプレックスだらけの学生時代、自分を理解してくれるものを得るために数多くのロックバンドを聴き始めた自分がいたから、彼の音楽を知ることができたんじゃないか?」と。当時、一番身近にあったものがロックバンドなだけと言えば、それでおしまいなのだけど、通学中に音楽雑誌で目にしたり、日々ラジオから流れてくるものがカッコいいロックバンドの鳴らす、カッコいいロックンロールだったから、それがきっかけであの頃から15年以上経った時、the HIATUSと、ELLEGARDENと、目の前に立つMONOEYESを知ることが出来た。そして、確実に私の人生はより豊かなものに変わっていったのだ。

MONOEYESのライヴはに難しい事なんて何一つない。ネガティヴをポジティヴにひっくり返すバカでかいパワーで溢れている。NO NUKES 2015という場所であれ「楽しむことで、このイベントに沢山の人が集まることが大切」なのだと話す細美さん。それが、本当に彼らしいアプローチで素晴らしかった。と、同時に昨日のライヴを学生時代の私に見せてやりたかった。そして、こう声を掛けてあげたかった。「あんたがあの時ロックを聴き始めたから、私は今、こんなに感動的な音楽を鳴らせる人に出会えて、大ピンチを乗り越えたんだ。あんたは当時とても辛くて、不安で仕方ない日々を過ごしていたけれど、それは何一つ無駄な事ではなかったんだ。大丈夫」と。

“明日公園で”が始まってから、ラストにかけて、私はずっと泣いていた。周りで泣いている人はほどんどいなかったけど、こみ上げてくるものを抑えることが出来なかったし、我慢する必要なんてないと思った。そして今、昨日私が流した涙は、学生時代の自分の声のような気がしていて、この感じをこれからも大切にしたいと思っている。




[PR]
by musicorin-nirock | 2015-11-29 11:27 | COLUMN | Comments(0)
<< 12/19 BONNIE PI... 2015年の『1125(イイニ... >>