「ほっ」と。キャンペーン

2016年個人的ライヴ総括「 9/13 the HIATUS @東京・新木場STUDIO COAST」

f0342667_15192998.jpg

"the HIATUS 「Hands Of Gravity Tour 2016」 STUDIO COAST公演を観て"


音の鬩ぎ合いのような激しいアンサンブルも、ただ心に寄り添い続ける極上のバラードも存在するthe HIATUS5thアルバム『Hands Of Gravity』。

前作『Keeper Of The Flame』からは、約24ケ月ぶりのアルバムリリースとなった。その間the HIATUSは最初で最後の日本武道館公演を終え、細美武士(Vo&G)はもう一つのバンドMONOEYESを始動させた。MONOEYESが始まったことで細美は自分の二面性を表現できるようになり、バランスが取れた状態で新譜づくりに挑めたことが今作の鍵であることは、人情味溢れる豊かな彼の歌声を聴けば否応なしに納得できる。しかし、細美以外のメンバーであるmasasacksG)、ウエノコウジ(B)、柏倉隆史(Dr)、伊澤一葉(Key)にとっても、彼の充実を感じる傍らで、the HIATUSとの向き合い方が大きく変化する転機になったのだろう。彼らから生まれた新しいアルバム『Hands Of Gravity』では、一つのジャンルに囚われずオルタナティヴに突き進む潔さの中で、聴く者の胸を打つ珠玉のメロディが鳴っていた。しかし、スケール感のある楽曲が並ぶ今作を聴き続けていると、これが彼らの到達点とは言い切れないような、the HIATUSとは挑戦の場であり、1人のプレイヤーとして、また音楽そのものの可能性を拡大していく場所であることを証明しているように思う。

アルバムを引っさげ開催された全国ツアー「Hands Of Gravity Tour 2016」も後半戦に入った913日。東京・新木場にあるSTUDIOCOASTに私は向かった。715日、Zepp DiverCityで行われた初日のステージを観たときは、新たな旅の始まりを迎えた幸福感を放ちながら、完成度の非常に高いステージにかなりの衝撃を受けた。ところが、約3か月に渡る旅路で一度完成させたステージを自ら壊しに掛かり、再び創造していくプロセスを彼らは繰り返してきたのだろう。バンドサウンドも、歌も、精神性も、尋常ではないほど進化を遂げていた。オープニングからエンディングまで凄まじい熱気に溢れ、現時点での集大成のような開放感と愛情があった。

この日も細美は、「今日の俺、すげぇ面倒くせぇんだけど・・・」と苦笑いしつつも、真摯にオーディエンスと向き合い続けていた。「子供の頃から嫌われ者だった」と話した細美にとって、「ライヴハウスが大切なことを全部教えてくれた」場所であり、また、唯一自分が孤独ではないことを実感できた場所。だから、自分のステージを観にライヴハウスに来てくれたオーディエンスが何よりも大切で、フロアに向けて力強い言葉を紡ぎ続けていた。その姿には、今度は自分がここ(ライヴハウス)で大切なことを教えていくのだと、その役割を担っているかのような責任感すら感じられた。

しかしそれは、今始まったことではなかった。これまでに何度も細美の立つライブハウスに居合わせてきた私は、彼の言葉に救われてきた。ただ、この日だけは、彼の想いが不思議なくらい自然と自分の中に浸透する瞬間があったのだ。

そして、きっと私だけではなくて、STUDIO COASTに集まったオーディエンスの誰もが、この日のライヴに来た理由やthe HIATUSが好きな理由と、細美の想いと通じ合えたかのような特別な瞬間を、体感したのではないかと思う。ダブルアンコールが終わったにもかかわらず、鳴りやまない拍手に引き寄せられるようメンバーがステージに登場し、トリプルアンコールが始まったことが目に見えた大きな証であるが、つまり、『Hands of Gravity』のアルバムツアーという枠組を飛び越え、theHIATUSというバンドの本質にある深い部分と繋がり合えたということだ。細美を支え、理解し続ける4人のメンバーと共に創造する、the HIATUSの革新的で独自性の強い音楽性と、彼個人の生きる信念が共鳴したことで、覚醒を呼び起こし、観る者によっては人生観が変わってしまうような音響空間を創り上げることができたのである。そんな彼らの音楽性であれば、アリーナクラスの大会場ですら簡単に呑み込むことができるはず。だが、頑なに彼らがライヴハウスに拘り続ける理由は、実はこのステージの上にあったことを、私はこの時身をもって知った。


***


私には、目の前の現実から逃げるようthe HIATUSのライヴに通い続けていた時期がある。

失恋と仕事のストレスから体調を崩し、心のバランスまで取れなくなってしまったことを、とうとう認めざるを得なかった頃、偶然LIVE DVDTHE AFTERGLOW TOUR 2012』を手に取った。彼ら以外にも好きなバンドやシンガーはいたのだが、そこで聴いた細美の歌声には、音楽を聴き始めて20年以上感じたことのないとても不思議な力があった。「どうしてこの人の歌はこんなにも胸に響くのだろう?聴いているだけで、涙が止まらなくなるのだろう?」。彼の歌声は包容力があり、誰にも知られたくない、触られたくない心の細部にまで優しく届いたのだ。

以来、私は彼らを追いかけることに必死だった。2014年に発売された『Keeper Of The Flame』は、その年の一番回数多く聴いたアルバムであり、人生のベストディスクに確実に選ぶアルバムだ。アルバムツアーは勿論、彼らが出演するフェスにも足繁く通い、生命力溢れる彼らのステージを観ては癒しを得た。そして、孤独から解放され、失いかけていた生きる喜びを私は再び感じるようになった。彼らのステージの上には笑いだけじゃなくて、時に厳しさも存在することも知った。でも、だからこそ本物の優しさと、あたたかさが存在していた。

アーティストとオーディエンスの信頼関係というものを、私はあまり信じていなかった。特にMCに関しては、ライヴを盛り上げるために必要な道具でしかないと捉え、ステージ上でのアーティストの発言なんて、たいして気にも留めていなかった。なぜなら、アーティストからしたら私なんて、オーディエンスという大勢の人間の括りでまとめられた一人である。しかし、どこまでも本気で向き合ってくれる、the HIATUSと細美に出会えたことで、私のこの考えは一変したのだ。

ところが、このSTUDIO COASTでのライヴを観終えてしばらく経つと、私は落ち込んでいた。それは、薄々気が付いていたことなのだが、私の心の奥にある問題が何も解決されていないと、遂に現実に表れてしまったからだ。ライヴはとても楽しいし、居心地の良い場所である。でも当たり前だが、彼らが私の人生を直接変えてくれるわけではない。the HIATUSと出会ってからの自分の生き方は間違っていないと思いたいが、どこか甘い考えで生きていたことは確かで、私はそれを思いっきり悔やんでしまった。

それでも、自分が次の段階へ進みたかったら、この場所から一歩踏み出さなければならない。私達はずっと同じではいられない。それは、ミュージシャンが年齢やキャリアを重ね音楽表現が変化していくように、誰にでもその瞬間は訪れるのである。

STUDIO COASTのステージの上で、細美はライヴをDVDにすることは好きではなく、「今日は会場にカメラは入れてない」と言っていた。勿論ライヴ映像をYou TubeSNSに上げることだってしない。端から見るとただの頑固者に過ぎないが、今、私はその気持ちが理解できる。この日のライヴの全てを自分の中にずっと留め、一生忘れないでいようと誓った。そして、ピンと背筋を伸ばして、生きていこうと思った。年齢とか立場とか考えだしたら、正直きりがないけれど、それでも前を向いて自分自身を生きていくことに、恥ずかしさなんて必要ないのだから。







[PR]
by musicorin-nirock | 2017-01-07 15:45 | LIVE | Comments(0)

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る