2014年 11月 18日 ( 1 )

Keeper Of The Flame / the HIATUS




アコースティックの響きを生かした前作『A World Of Pandemonium』とは一変!
孤高なギターイントロから始まる「Thirst」の威圧感。美しいメロディが胸を熱くさせる「Something Ever After」。肌馴染みの良いエレクトロポップ「Unhurt」。
序盤から立て続けに披露するダイナミックなバンドアンサンブルには打ち込みが導入され、ジャンルの壁を超え、革新的な音世界をthe HIATUSは構築させた。
ロック色の強い1st、2ndで細美は孤独を叫び自身の存在意義を探し求め、音に救われ鳴らす喜びが閉じ込められた3rdを経て、そして生まれた今作は「音楽の楽しさをリスナーと共有したい」強い想いに溢れた表情豊かなヴォーカルも印象的。
東北への想いを込め書き下ろされた「Tales Of Sorrow Street」は、優しい風をあなたの心に届けてくれる。

Keeper Of The Flame

the HIATUS/ユニバーサルミュージック




[PR]
by musicorin-nirock | 2014-11-18 17:44 | MUSIC

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る