<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

“My Instant Song E.P.” / MONOEYES



その音を耳にしたら一瞬で、目の前の景色が変わる。音楽が好きな人なら誰でも、一度は経験したことがあると思う。もし「そんな経験まだないよ」という人がいるなら、MONOEYESのデビュー作『My Instant Song E.P.』を聴いてみて欲しい。

今年の頭に突然発表された細美武士のソロプロジェクトは「MONOEYES(モノアイズ)」というバンド名で、6月24日にデビューした。メンバーはギター戸高賢史(ART-SCHOOL/Ropes/Crypt City)、ベース&コーラスは、細美とは長くつきあいのあるスコット・マーフィー(ALLiSTER/スコット・マーフィー/スコット&リバース)、そして、the HIATUSのドラマーとしても活躍している一瀬正和(ASPARAGUS)。3人とも現役バリバリで熱いロックを鳴らし続けている男たちだ。私は、バンドメンバーが発表されるまで一体誰なのだろう?とドキドキしていたけど、4人の並んだアー写を見た瞬間、1人にやけてしまった。なんていうか、学生時代にいつも一緒に連んでいる仲間と「バンドやろうぜ!」というノリで集まった4人みたい・・・と言えば良いのかな。バンド結成の背景のあるものが「熱い友情と多大なる信頼」の2つのように思えて、「あぁ、もう、本当に細美武士らしいよなぁ」って、馬鹿みたいにニヤニヤが止まらなかった。

細美と言えば、ELLEGARDENのギター・ヴォーカル。細美と言えば、the HIATUSのヴォーカリスト。また、最近の細美と言えば、盟友TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)とのユニットthe LOW-ATUSの『みーちゃん(細美の愛称)』として2人で漫談したり、新旧洋邦問わずカヴァーソングを披露する。でも、このMONOEYESの細美は、四方八方どこからのぞき込んでも、100%細美武士。力強くて、繊細で、ちょっぴり青くて、でも大人で。久しぶりにパワーコードに乗る細美の声を聴いていたら、メロディック・パンクを歌わせたら彼しかいない、と思ってしまうほどだった。そして、そんな3曲を初めて通して聴いた後、私はとても不思議な感覚に包まれた。それはまるで、音の中で細美と会話していたような感覚だ。歌詞の中に登場する、“僕”が細美で“君”が私なんてことは200%あり得ないけど、このE.P.がもたらす距離感は「本当にそうなんじゃないか?」と疑ってしまうほどに、近い。そして、細美はこんな言葉をかけてくれている気がしたのだ。「お前は今、一人かもしれない。でも、決して独りではないんだ」。

もちろんメンバーがいるし、演奏面では彼らのエッセンスがしっかりと注ぎ込まれていることは確実だけど、あくまでも細美武士のソロであることを前提にこのE.P.は作られたのだろう。そして、上の“My Instant Song”のPVを見ていて思ったのだが、細美が楽しそうなのはもちろん、戸高、マーフィー、一瀬の3人は細美以上に楽しそうだ。彼らは細美と一緒にバンドが出来る喜びをストレートに音にしている。だから、見ていてこちらも笑みがこぼれるし、なんだが無性に泣けてきてしまうし、結果的にそれが細美武士なんだよなと思う。

ただ、この幸せな気持を生で体感できるのは、4人だけではない。7月下旬からは全国ツアーが始まり、夏フェスにもバンバン出演することが決まっている。4人と一緒に歌い、泣き、踊り、飛び跳ね、ただただ、音の幸せの中で「独りじゃない」ことを、これから多くのリスナーが味わうことになるだろう。そして、何よりこの旅の始まりが、東北という場所からなのも、もう本当に彼らしい。





[PR]
by musicorin-nirock | 2015-06-25 22:05 | MUSIC

“まっすぐなうた” / NICO Touches the Walls



こんなに首を長くして、彼らの新譜を待ちわびたのは初めてだ。ツアー初日の豊洲PITで、初めて"まっすぐなうた"を聴いて以来、「遂に来たな!見せたな!聴かせたな!」という手応えが、もの凄く私にはあった。

先日アップした富山MAIROのライヴレポートでも、この曲について色々と書いたけれど、改めて歌詞の一部始終を読んでみたら、その内容に驚いた。光村が今まで書いてきた歌詞の中でも、ここまでストレートなものは見たことがない。

いや、強いて言うならば、昨年リリースされた“天地ガエシ”ぐらいだろうか。「リベンジソング」と恥ずかしげもなく掲げ、そうして自分達にムチを打たなきゃ、二度目の武道館ライヴは納得のいくものには出来なかったはずだし、また、付け加えるなら、この武道館の翌日発売というタイミングで、曲が産まれて15年近くお蔵入りしていた“TOKYO Dreamer”を世に放つことが出来たことで、10代のピュアな気持ちで音楽と向き合う姿を、リベンジ出来た自分達を重ね合わし、新たなステージに立つことを宣言できたのだから、“天地ガエシ”が彼らに与えたものは、とてつもなく大きい。

でも、“まっすぐなうた”は、この流れを覆してしまうほどに「1人のミュージシャンとして、1人の人間としてこうありたい」という光村の正直な姿が描かれている。というか「ここまで言ってしまっていいの?」と思う部分すらある。

では、どうしてこんなにも曝け出してしまったんだろう?と考えてみたのだけど、一つはアコースティック・アルバムの存在であって、そしてもう一つが、バンドのキャリアが10年以上で立場が中堅に変わり、メンバー皆が今年に30歳になること。これは、かなり大きく関係していると思う。私自身も30歳を既に過ぎているからわかるけど、もう20代のような「若さのままに、勢いのままに」は確実に出来なくなる。30代というのは、若さだけでは許されなくなるからこそ、本気で「自分自身」で勝負していかなきゃいけない(私自身も修行中なので説得力には欠けてしまうけど、でも、)そういう年代だ。ただ、彼らの場合は、武道館リベンジとアコースティックアルバムによって、バンドの今までを振り返り、過去を認めざるを得なかった昨年があり、嫌でもそれには気付かされてきたと思う。だからこそ<間違ってた なんか全部間違ってた>と過去を否定できて、否定したことが自分自身を認めることになり、この曲はポジティヴなエネルギーで溢れている。前回のブログでも同じような事を書いたけど、この曲はバンド結成11年目のデビュー曲と言っても良いし、「本当は、俺はこうありたいんだ」という熱い想いを、20代最後の年に光村がようやく歌ったことで、バンドはこれから大きく変容すると思う。

例えば、この曲を光村1人で、アコギ一本抱えて弾き語ってみても、それはそれで「泣けるブルース」になりそうだけど、アッパーなビートで大音量のバンドサウンドを鳴らすNICO Touches the Wallsの方が、圧倒的な説得力がある。そして、光村にはこの曲だけは、大声で叫ぶように歌って欲しいし、10年後、20年後に、もしこの曲を歌う時があったら、多少体力的にしんどくても、そうであって欲しい。

正直、私はこのバンドに対して迷うときがあった。でも、この“まっすぐなうた”を聴いて、私の迷いが「間違っていた」ことに気付き、彼らの音が好きなことは、何も「間違っていない」ことに気付いた。

[PR]
by musicorin-nirock | 2015-06-24 21:19 | MUSIC

6/20 NICO Touches the Walls@富山MAIRO

5月21日、豊洲PITからスタートした「まっすぐなツアー」も折り返し地点を迎え、いよいよ後半戦に突入する。私が向かった富山は、初日の豊洲からちょうど1ヶ月後(正しくは翌日の新潟だけど)のライヴであり、NICO Touches the Wallsのバンド史上、初の富山ワンマンライヴ!という記念すべき日だった(しかも、今回のツアーで一番最初にチケットが売り切れたのも富山)。だからなのか、「待っていたよ!」と、彼らを迎え入れるお客さんの声や拍手がとても温かいものだった。しかし、ライヴが始まるとその温かさは、一気に熱さへと変わる。いや、シャレにならないくらいにライブハウスの暑さが尋常じゃなくて、ステージ上のメンバーも、まだ数曲しか演奏してないのに汗でぐっしょり。MC中に会場のドアを全開にして空気入れ替えたり、具合悪そうな人も数人見かけたし、ちょっと心配ではあったけど、でも、最初から最後まで会場を包む空気感は最高に良かった。

セットリストの内容は伏せるが、初日の豊洲とは数曲入れ替わりがあり、「NICOがどういうバンドなのか?」がとても良くわかるものだった。勿論、キラーチューンが始まれば一気に盛り上がる瞬間もあるけれど、もっとディープな部分。インディーズ時代の作品を聴くとわかるが、彼らがまとっていたあの空気感、孤独や皮肉などの、バンドとしての情緒的な部分もしっかりと打ち出しており、「聴かせること」を強く意識しているように思えた。また、これは初日の豊洲でも感じたのだが、「NICOの4人が曲を届けたい人は誰なのか?光村の歌う「君」や「あなた」は一体誰なのか?それは、目の前にいるお客さん1人1人であること」が、この日ではっきりとわかったし、今回のツアーの醍醐味と言っても良いかもしれない。

2月に発売されたアコ―スティック・アルバムの功績が、演奏や歌唱の面で大きなターニングポイントになったことは、バンドの音を聴けばすぐにわかったのだが、言うまでもなく精神的にも鍛え上げられ、NICOは大きく成長した。ただ、ここで間違えてはいけないのが、大人になったのではなくて、子供のような純粋さでリスナーと向き合えるくらい、素直になったということだ。

富山で聴いた“まっすぐなうた”は、NICOのバンドへの「初期衝動」を体感させるものだった。パンクロックで鳴らされるような、前のめりに攻める対馬ドラムが引き金となり、坂倉は聴き手の感情を撫でるようなベースラインで、バンドの大黒柱として力強く支え、メンバー4人の中でも常に先陣を切り続けてきたギタリスト古村が、青さいっぱいの音色を響かせ、汗まみれの顔をくしゃくしゃにして(彼が一番暑そうでした)、ギターを掻き鳴らし歌う光村。過去を懺悔する曲なのに、突き抜けるような爽快感が心地良く、馬鹿みたいに泣けて来てしまうのは、アコースティックで一度素っ裸にされ、バンドが抜け殻に近い状況のままで、この世に産み出された曲であり、ある意味デビュー曲に近いものが“まっすぐなうた”には存在しているからだ。そして、<間違ってた>と冒頭から歌えてしまうほどに、もう何も格好つける必要はなくて、素直に自分達を見せていけばいいとNICOが出した決断は、(これだけは強く言わせてもらうが)「間違っていない」し、結果的にNICOとリスナーとの距離感はぐっと近づいた。それは、富山MAIROに溢れていた温かさが一つだし、今まで彼らが回ってきた全国各地、どの会場にも「間違っていない」と言い切れる証拠があるんじゃないかと私は思う。

アンコールで光村は「また富山に来るっちゃ!」と富山弁で再会の約束を果たしたが、次に自分達が訪れるまでに「他のバンドに浮気されても困るから、最高の良い思い出を作りましょう!」と本音をぽろりとこぼし、最後にもう一盛り上がりしてからステージを去って行った。でも、もうリスナーがどこかへ行ってしまう心配なんて、今のNICOには要らないんじゃないかな?ステージで演奏する4人が放つ瑞々しさは、NICOが色々なモノを取り戻している証拠だし、未だかつて見たことないくらい4人が良い顔していたのは、このツアーに確かな手応えを感じているからだと思う。こんな4人を目の前にしたら、富山MAIROに集まった全員に、NICOの想いが届かないはずがないでしょう?確実に、集まったすべての人達を光(=音)で射し、そして、彼らの未来まで照らし出したような、最高の夜だった。

[PR]
by musicorin-nirock | 2015-06-22 21:56 | LIVE

GRAPEVINE TOUR 2015 ファイナルを迎える前に

 5月6日の横浜Bay Hallで私が観たものは、GRAPEVINEの円熟が大胆に放たれた、物凄い説得力のあるライヴだった。一人一人の心に情景を描くというよりも、GRAPEVINEの現在地をまんまと確かめさせられてしまった。まるで彼らが演奏した曲の全てが、最新アルバム『Burning tree』の世界に封じ込まれたようだった。「これが今年のGRAPEVINEです」。田中和将(Vo&G)はライヴ序盤のMCでこう述べたが、本当に彼の言葉通りだった。

 4月3日のツアー初日。赤坂BLITZのステージでは、バンドとオーディエンスの両者に緊迫感が漂い、演奏には若干硬さが感じられた。個人的にはセットリストもイマイチ腑に落ちず、歯痒さが残ったまま会場を後にした。しかし、4月末に開催されたARABAKI ROCK FEST.15でアルバム収録曲である“IPA”をラストに聴いた時、その手応えは、想像を超えるものだった。ワンマンライヴに比べたらかなり短い演奏時間であったし、『Burning tree』からはたった3曲しか披露されかった。でも、最後の最後で、今、大きな変化がGRAPEVINEに訪れていると、私は確信したのだ。

 そして迎えた横浜Bay Hallのステージで、彼らにガツンと魅せつけられてしまったのだ。勿論『Burning tree』収録曲以外の曲も演奏され、最初期のナンバー始まるとフロアから上がる歓声からは、例え時が流れても、彼らの音楽は色褪せることなく愛され続けていることを、改めて実感させられた。しかし、私はノスタルジーに浸る余裕などなかった。彼らがこれまでに産み出してきた楽曲の延長線にあるのが『Burning tree』であると気付くと同時に、この時点でツアーの集大成を、既に観たような気がしてならなかった。

 私は赤坂BLITZのライヴ後に、GRAPEVINEの全13枚のオリジナルアルバムを、発売された年代順に聴いてみることを試みた。軽い思いつきでもあったが、『Burning tree』を理解する為にはやはり必要な作業だと思ったからだ。デビュー当時の楽曲は、ルーツロックや黒人音楽の匂いが強い。そして昨年再現ライヴも行われた『Lifetime』ではUKロック調のギターサウンドを強く打ち出し、バンドは急成長を遂げる。リーダー西原誠(B)の不在/脱退がもたらした混沌と淋しさを抜け出し、サポートメンバーが加わった5人体制で、試行錯誤を繰り返しながらも、着実に一段ずつ階段を上り続け、現在のGRAPEVINEを確立させて行く。また、作詞の面では、田中が自らの過去と対峙したことで、1人の人間としての成長劇と、そこからのヴォーカリストとしての覚醒が、ダイナミックなサウンドと共に描かれている。そして最後に『Burning tree』を聴き終えた時、彼らがこの作品に辿り着いた理由が、私はようやく理解出来た気がしたのだ。

 GRAPEVINEのロックに「わかりやすさ」は存在しない。GRAPEVINEのロックは「わかりづらさ」が美学であり、近年は聴き手を困惑させることすら、彼らは楽しんでいるようにも感じられる。つまり、受け止め方はリスナーの自由で、委ねられているわけだ。ならば、私は今彼らが一体何を見せ、聴かせ、伝えようとしているのかを、5月6日の横浜Bay Hallから一ヶ月経った6月6日の豊洲PITで、改めて考えてみたい。GRAPEVINE、13枚目のオリジナルアルバム『Burning tree』と纏めてしまえばそれだけだ。しかし、人間の深い部分にまで届くこのサウンドは、デビューから18年間、常に音楽の本質を鳴らし続けてきた彼らだからこそ産み出すことができた。そして、このアルバムがリスナーにもたらすものは、かけがえのないメッセージとして生き続けると思うのだ。


[PR]
by musicorin-nirock | 2015-06-02 12:04 | COLUMN

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る