「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10/14 the HIATUS @ Blue Note TOKYO ~ 1st Stage ~

普段the HIATUSのライヴに行くと、感情という感情が全て放出されてしまうくらい、私はめちゃくちゃ興奮させられる。彼らは楽曲のスケールのデカさも相まって、観る側も覚醒してしまうくらいもの凄いライヴをする、稀ないロックバンドだ。しかし、伊澤一葉(Key)の奏でるグランドピアノの演奏をSEに、黒いスーツ姿に身を包んだメンバーが登壇すると、ジャズクラブの名門・Blue Note TOKYOならではの格別な音楽空間が広がった。

最新アルバム『Hands Of Gravity』の楽曲を中心に、新旧織り交ぜたセットリストで繰り広げられた約70分間の短いステージは、楽曲の壮絶さやスケール感ではなくて、メロディの美しさにスポットを当て続ける臨場感あるアンサンブルが、しっとりとオーディエンスを魅了させる。

聞き応えのある伊澤の生ピアノがジャジーでアダルトな雰囲気を演出し、1人革のジャケットを羽織りパンクスのプライドを胸に掲げるmasasukes(G)が1音1音繊細にギターを鳴らした。最新アルバムでは作曲も手がける柏倉隆史(Dr)が、そのメロディを歌うよう滑らかにリズムを刻むと、MCの助け船としても登場したバンドの最年長・ウエノコウジ(B)が渋いグルーヴを放つ。「ギターを弾かずに歌う」という意志を持ってライヴに挑んだ細美武士(Vo&G)は、メンバーに演奏を委ね、歌に全神経を注ぐ。その歌声はとても自由で、豊潤な表現力で大きな花を咲かせていた。


***


9月13日、STUDIO COASTで観た『Hands Of Gravity TOUR』のMCで細美は「酒を呑んでも呑んでも声が出る」などとオーディエンスを沸かせ、言葉通りの凄まじい歌唱を披露した。コンディションを整える為の見えない努力もあるに違いないが、それだけ歌に対する意識がここ数年で変わったように感じる。その大きな理由が、昨年より始動させたやんちゃなロックバンド、MONOEYESの存在だ。全くモードの違う2バンドのフロントマンとして生きる細美は、今日本で一番忙しいミュージシャンと言ってもおかしくない。しかし、今の彼の歌声を聴いていれば、音楽人生の充実であることがはっきりとわかるのだ。

そして彼の充実がメンバーにも伝染し、今公演にて5人が起こした最大のハイライトが、喪失感と孤独の最中で生まれた初期楽曲を見事に生まれ変わらせたことだ。ライヴのオープニングを飾ったのは、<I'm trapped inside infinity / And have lost sight of a trinity(対訳:僕は無限の中に捕らえられて/3人組を見失ってしまった)>と当時の細美の心情を痛感させられる”Centipede”。彼らの1stアルバム『Trash We'd Love』に収録され、近年ライヴで披露されることは滅多にない。しかも、今回はイントロを聴いただけでは何の曲か全くわからず、細美が歌い出してやっと気づかされる始末。その変貌振りに思わず感嘆の声を漏らしそうになれば、何故この曲が1曲目に選ばれたのか戸惑った。それでも、威嚇のようなエレキギターは聴こえず、夜空に浮かぶ星屑のような輝きを放ち、色気と哀しみが混同する濃紺のブルースに、心が大きく揺さぶられた。

その後も、次から次へと曲が始まるごとにを強烈に実感させられたのは、5人の途絶えることのない音楽への情熱だった。the HIATUSは結成して7年が経ち、同時にメンバーも同じ年数歳を重ねている。当然、若さは失われ、懐古的な気分に陥る時もきっとある。しかし、このバンドの音楽への好奇心やチャレンジスピリットは衰えることを知らない。音楽を生業にしている身であるし「当然だ」という面持ちで5人はステージに立っていたが、その姿が全く傲慢にも嫌みにも感じなかったのは、一貫してチケット代2600円を守り、キャパの小さいライヴハウスのステージに立ち続けてきたからだ。

Blue Note TOKYOという高貴な場所であれ、泥臭い己の精神を彼らが曲げることはない。細美は高いチケット代を払い、今日のステージを観に来てくれた事に心からの感謝を述べていた。また、次の回に来るオーディエンスの楽しみを奪わないためにも「セットリストをライヴが終わるまでは、ネットに上げないで欲しい」と訴えかけ、実際に10月22日のMotion Blue YOKOHAMA公演終了まで、セットリストがネット上に出回ることはなかった。これはSNS時代と呼ばれる今のご時世、本当にあり得ないことである。それを可能に出来たのは、今まで培ってきたオーディエンスとの強い信頼関係が彼らにはあるからだ。

***


アンコールの”Insomnia”は、聴き手の心に明かりを灯すような優しさが生まれていた。

本来この曲は、<僕は無限の中に捕らえられて/3人組を見失ってしまった>と嘆く1人の男が<Save me!>と、どん底から声を上げる歌だ。しかし、男は音楽を信じ、信頼できる仲間と共に音を鳴らせる喜びを知り、精神的なタフネスを手に入れた。

細美の抱える喪失感が、消えたとは思わない。しかし今は、彼を音楽に向かわせる「一部」になっているのではないだろうか。だから、最大の武器である歌声を自由に羽ばたかせ、今は希望の歌として<Save me!>とオーディエンスと共にシンガロングができるのだろう。この光景を目の前に、満たされたもの感じた。私に生まれた感情を言葉にするのなら、幸福と呼ぶのだと思った。きっとメンバーも会場に集まっている誰もが、そう感じていたはずだ。


***


the HIATUS。このバンドの精神性に救われ続けている私は、彼らの音に頼ったり、時に敢えて突き放したりしながら、バランスを取って生きている。そんな中でも、心に余裕が無くなってしまい、どんなに好きな彼らの音でさえも耳に入って来ない時期があった。私は音楽の力が全てだと信じていたが、やはりそれは全てではなくて、人が立ち上がるための一つ手段でしかないと身をもって知ったのだ。正直、「そういうものなのかもしれない」と腑に落ちる部分もあった。それでも、音楽は決して無力ではなかったから、私はライヴへ通う。そして、音楽に無限の力があるんだと強く体感したのが、最新アルバム『Hands Of Gravity』であり、先述したSTUDIO COASTでのライヴだった。

今回のBlue Note TOKYO公演では、the HIATUSが生み出してきた楽曲の素晴らしさに心を打たれ、目の当たりにしたプレイヤーとしての技術力に感嘆し、何より純粋にthe HIATUSが好きだという気持ちを、初めて彼らの音を聴いたかのような興奮と共に味わうことができた。それが一番の喜びだった。ライヴハウスの爆音よりも、少し小さな音を鳴らす5人。だからこそ、彼らを至近距離で感じられるこの空間の温かさに私は泣いた。特別、辛いことや悲しいことがあったわけではない。ただ「いつだって、またここに来れば良いじゃないか」と優しく肩を叩いてもらったようで、それだけの理由で涙が出た。

演奏を終え、オーディエンスとハイタッチしながら満足げに会場を去って行く背中から、終わりなき挑戦者達の旅が、また再び始まる予感を私はしかと感じ取る。

会場を出て表参道駅へと向かい、知人と別れ地下鉄に乗った。「さあ。顔を上げて行かなくちゃ」。私の心にも新しい追い風が、すでに吹き始めていた。


***


f0342667_11210568.jpg


[PR]
by musicorin-nirock | 2016-10-29 21:02 | LIVE | Comments(0)

10/4 NICO Touches the Walls @豊洲PIT「『弱虫のロック論2(仮)』リリースパーティ」





今から2年前、2014年の2月。NICO Touches the Wallsは東京・原宿にあるギャラリーを貸し切り、篭城型ライヴ『カベニミミ』を敢行した。1ヶ月間週5でステージに立つという前代未聞の挑戦。そして、同時期にリリースされたベストアルバムに収録され、翌月シングルとしてもリリースされたのが「ローハイド」という曲である。

この曲の主人公はNICO Touches the Walls自身だ。

自ら嵐に打たれに出掛けていったような日々を<駆け抜けろ>と歌い、後に二度目となる日本武道館公演のリベンジを果たし、大きな飛躍を遂げることになるニコの濃厚な物語のはじまりの歌でもある。

10月4日、音楽評論家・平山雄一氏が自身の著書の発売を記念し東京・豊洲PITで開催された『「弱虫のロック論2(仮)」リリースパーティ』で1曲目にニコが演奏した曲は「ローハイド」。それは原曲とは一味も二味も違う、素晴らしいアレンジが施されていた。

荒野に吹く風らしき音を流しながら、荒いアコースティックギターを掻き鳴らし、光村龍哉(Vo&G)は歌い始めた。抱える不安や孤独感を、ただ吐き出すように歌うのではなくて、真摯に向き合い受け止めていくような逞しい歌声だ。サビに近づくとダンダンダンダンと力強くバスドラが響き渡り、その歌声は勢いを加速させた。

  駆け抜けろ この荒野 
  独裁者 俺を解き放てばいいさ
  準備オーライ? 準備オーライ?
  ろくでもない やんちゃな夢 追いかけたい

  準備オーライ 準備オーライ
  いざローハイド

1番が終わるタイミングで、耳なじみのある煌びやかなギターのイントロが始まる。瞬く間にフロアに広がる多幸感。音の光の中へと吸い込まれて行くオーディエンス。私の目の前には、とても美しい景色が広がっていた。

曲を明暗に分けた今回のアレンジには、強い訴求力があった。
何より、バンドの軌跡の裏側にあるものを隠そうとはしないニコの姿勢から、彼らの本質を見た気がした。

***

振り返ってみれば、「ローハイド」をリリースしたばかりのニコはただの弱虫だった。

先に述べた『カベニミミ』も、若さと勢いがあったからこそやり通せたもので、精神的・肉体的な疲労やストレスを考えれば、誰もが無謀だと言う挑戦だ。しかし、なんとしても当時の現状からニコは脱却したかったのだろう。『カベニミミ』が、バンドをさらにタフにしたことは事実であるが、敢行する決断の裏側には、大きな危機感もあったのではないかと思う。その後も相変わらず遠回りを繰り返していたが、その分何度も脱皮できたからこそ、楽しさと、ロックバンドとしての説得力を感じさせるライヴができるようになった。そして、ニコの音楽が確実にリスナーの心を掴み、生きる希望や勇気を与える存在へと成長していることは、最新アルバム『勇気も愛もないなんて』や、シングル「ストラト」を聴けば、一目瞭然である。

私は『「弱虫のロック論2(仮)」リリースパーティ』というイベントタイトルを見た時に、ニコがこのイベントに呼ばれたことと(大袈裟ではあるが)良い意味で運命的なものを感じた。その時はただ、決定的なものを掴んだわけではなくて、ぼんやりとそう感じていただけなのだが、この「ローハイド」を聴いた時に確かな理由が見えてきた。弱虫の決断は、バンドの運命を変えた。そして彼らの音楽は、リスナーの日常に光を照らし続けている。これは、弱虫が手に入れた最大の強みであり、ロックバンドとしての然るべき姿だ。

また、この日は暫くライヴで披露されていない、活動初期の楽曲も披露された。スタイリッシュなギターのカッティングをフックとなり、ゴリっとしたの低音が絡む都会的なグルーヴで沸かせた「anytime,anywhere」や、素朴な言葉を光村が色っぽく歌い上げた「梨の花」など。聴いていると、メンバーの20代前半だった頃の姿と重なり合う瞬間もあったが、ステージに立っていたのは音楽とフラットに向き合う姿が自然体なグルーヴを生む30代のニコだった。

残念ながらイベントの途中で私は離脱せざるを得なかったのだが、また来月、年に一度のあのお祭りでニコと再会したい。そして、新たな季節が訪れているニコを、これからも見届けていきたいと思う。


[PR]
by musicorin-nirock | 2016-10-06 21:48 | LIVE | Comments(0)

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る