<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NICO Touches the Walls TOUR 2017 ”Fighting NICO” LIVE REPORT ③(4/30 ロームシアター京都)

f0342667_21450659.jpg
平安神宮の大きな赤い鳥居を潜り抜け、てくてくと歩いていると見えてきた、旧京都会館ことロームシアター京都。個人的に京都は何度も遊びに来ている場所だが、ライヴと言う目的では初めての来都となる。

本来ならば、4月2日の東京NHKホール公演で、私自身のNICO Touches the Walls TOUR 2017 “Fighting NICO”のツアーファイナルを迎えるはずだった。しかし、3月11日に長野公演を観終えた時点で京都行きを考え始め、結局、チケットを取ってしまった。

座席を確認すると「3階バルコニー席」とある。このバルコニー席というのは、場合によっては封鎖してしまうこともある場所だ。実際に私の座った席は、視界の左手にメンバーの立つステージ、その反対には2階・3階席が見え、眼下には1階席が広がっている。立ってライヴを観れないこともないが、高所恐怖症の私は着席スタイルで、基本的にステージの方向に体をねじりながらライヴを観ていたのだが、出来心でライヴ中何度か反対側を振り返ってみた。すると「そうか。ステージにいるメンバーは常にこういった景色を眺めているのか…」と、メンバーが日々目にしている光景がダイレクトに理解できたと同時に、普段自分もそこに座る一人であるがゆえ、今までつい癖で腕組みしながらライヴを観ていたことを、猛反省したのは言うまでも無い(笑)。

また、オープニングのプロジェクションマッピングとレーザー演出を始め、かなり凝った演出が楽曲ごとに施されていたFighting NICO ツアー。これは一階席よりも確実に、ホールの上階席から観た方が、立体感ある光と映像の世界を思う存分堪能できるものだと感じた。波打つようにグラデーションする照明が、幻想的な世界へ客席丸ごと導いた”夢1号”や、”TOKYO Dreamer”の曲中で、左右対称に放射される無数のレーザー光線が交差し合うシーンが特に印象的だったが、この日の優勝はやはり、曲の前半と後半でピンクからグリーンの照明に変わる様が、春から初夏へと移り変わりを描いた4月最後の”April”。

MCが一度入っただけのほぼぶっ通し状態の本編から、アンコールまで駆け抜けたニコ。光村龍哉(Vo&G)の歌といい演奏といい、4月の東京・NHKホール公演から見違えるほど良くなってる。噂には聞いていたが、新たに”B.C.G”がセトリに組み込まれていた。フロアを威嚇するかのようなエレキの音色で古村大介(G)がイントロを鳴らせば、対馬祥太郎(Dr)の野性的なドラミングと、絡みつく坂倉心悟(B)のベースラインがフロアに熱風を吹かし、こちらも圧倒されてしまう。ツアーも残すところ今公演と追加の千葉・浦安公演のみ。脂の乗り切った状態で迎えたセミファイナルのステージは、サポートメンバーに加わった浅野尚志(Key.Vn.G)も、前のめりなヴァイオリンを”GUERNICA”では奏でており、対馬が全力振り絞る”MOROHA IROHA”のドラムソロも、過去4箇所観てきた中でもベストアクトにふさわしい出来だ。どの曲の、どこの場面を切り取っても、常にライヴのピークを迎えているようで、少しおとなしめに見えた京都のお客さん達は、勢いのままに突っ走ったニコに着いてくることができたのかと、少し心配にもなった。

京都公演の2週間前(4月16日)に、ニコは佐賀GEILS公演で全国47都道府県ライヴ制覇を達成。バンド結成13年目、メジャーデビュー10年目にしてようやく迎えられたこの日を区切りに、再び走り出した直後の凄まじいライヴを目の前にした私は、本来ならファイナルである場所京都で、一旦、ツアーにピリオドを打とうとしているのだと思った(また、そうでもしないと浦安のステージには立てなかったのだろうということも、後日しみじみ納得するのだが)。そして、アンコールでのMCで、光村が言い放った「好きな音楽をやっているミュージシャンはかっこいい」という言葉は、好き放題やってきた自分達への自負と、これからの決意の表れに聞こえた。光村曰く「好き放題やっている」Fighting NICO ツアーで「自分達はこれでいいんだ」と受け入れ肯定できた瞬間が、メンバーそれぞれにあったはず。そしてまさに京都公演が「そんな瞬間だらけ」だったと強く思った私自身も、その場に立ち会えたことが、ファンとしてこの上ない喜びだった。

***

setlist
1 新曲
2 B.C.G
3 そのTAXI,160Km/h
4 バイシクル
5 手をたたけ
6 夢1号
7 Diver
8 GUERNICA
9 Aurora(Prelude)
10 TOKYO Dreamer
11 エイプリル
12 天地ガエシ
13 MOROHA IROHA
14 妄想隊員A
15 渦と渦
16 新曲

encore
1 THE BUNGY
2 ストラト
3 マシ・マシ
f0342667_21475623.jpg


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ



[PR]
by musicorin-nirock | 2017-07-19 22:27 | LIVE | Comments(0)

NICO Touches the Walls TOUR 2017 “Fighting NICO” LIVE REPORT ②(4/1-2 東京NHKホール)

東京都・渋谷にあるNHKホールでNICO Touches the Wallsのライヴを観るのは2013年に開催された全国ツアー『Shout to the Walls!』以来、約4年振りのことだった。

4月1日2日の2日間に渡り開催された、TOUR 2017 ”Fighting NICO”(以下Fighting NICOツアー)NHKホール公演。初日のチケットはソールドアウトが発表され、メンバーは嬉しい事実を胸に、気合い十分漲らせていたのだろう。オープニングからリミッター振り切る勢いで、フロアに畳み掛けてくる。

特に古村大介(G)は、終演後には燃え尽きてしまうんじゃないかと心配になるほどの、躍動感あるギタープレイで魅せていった。フロントマン光村龍哉(Vo&G)とは別の位置からフロアを牽引し、誰よりも高いテンションのまま突き進む。一昨年には右手首を負傷するアクシデントにも見舞われたが、それ以降の古村の変化/成長のスピードは速い。このツアーでもギタリストとしての覚醒が、ステージの回数重ねる度に繰り返されていると気付く場面が多かった。

シングル曲を中心に、初期楽曲から最新曲までを網羅するセットリストには、無意識のうちにニコの軌跡を振り返ってしまう瞬間も訪れ、感慨深い気持ちに駆られるときもあった。しかし、今回もサポートメンバーである浅野尚志(Key,Vn,G)がメンバーの一員となったことで、馴染みの曲にも新しいエッセンスがじゃんじゃん加わり、私達が知っている方向には進まないから面白い。光村の成熟された歌声からも、曲のリリース当時の歌声とはひと味もふた味も違う魅力が味わえた。

愛知では、”GUERNICA”の後に”錆びてきた”→”アビダルマ”が入り、坂倉心悟(B)と対馬祥太郎(Dr)が一旦ステージ袖に掃けると、光村の歌と古村のエレキギター、そして浅野の鍵盤のみで”Aurora(Prelude)”を披露。しかし、この日は”GUERNICA”→”Aurora(Prelude)”→ ”TOKYO Dreamer”という曲順に変更され、坂倉と対馬もステージに残ったままだ。

NHKホール公演の前に観た長野も同じ曲順だったが、途中でライヴ中断があったために、完全に3曲通したライヴは初見。しかも、ここで私は強烈なインパクトを受けてしまった。曲間をうまく繋ぎ合わせたアレンジが施され、音楽性も歌詞の世界観もバラッバラな3曲なのに、不思議な一体感が描かれていたこと。同じメンバーが演奏しているから当然と言えばそれもそうだが、ニコはかなりディープな部分をステージで曝け出し、正に「バンドの神髄」のようなものを私は観た気がしたのだ。

***

そして翌日(4月2日)は後半の2曲だけ入れ替わり、前日とは殆ど変わらないライヴ内容だったのだが、それが功を奏したのか、時間を空けずに同じライヴを観たことで、今回のツアーの魅力が面白いくらい、浮き彫りになってきた。

場内が暗転するとサイレン鳴り響く”新曲”から、フロアに噛みつくよう”チェインリアクション”を投下し、色気で魅せる”そのTAXI,160km/h”へと続く。すると、攻撃的な姿勢から一転、浅野もギタリストで参加した疾走感溢れる”バイシクル”で、わっと会場が明るくなり、次に始まったのは”手をたたけ”だ。自然と沸き起こるハンドクラップに応えるよう光村が歌い出すと、会場に溢れかえる多幸感と祝福感。このとき、予想外にも私はグッときてしまい、しかも、つい最近のニコのライヴでも、同じような光景を観ていたことを思い出した。

そのライヴとは、昨年11月25日に開催された『1125の日ライブ』だ。インディーズ時代に発表した2枚のミニアルバムを再構築するというテーマを設け、孤独と夜の世界を再現させる、近年稀にないヘヴィなライヴをニコは繰り広げたのだ。しかしアンコールでは、バンド結成から10年以上掛けて開拓した新境地”マシ・マシ”と”1125のテーマ”を披露し、ライヴ本編にはない圧倒的なポジティヴなエネルギーで、ライヴハウスを力いっぱい包み込んだ、まさにあの光景と重なってしまったのだ。

前日の余韻もさることながら再び観ることとなった、”GUERNICA”→”Aurora(Prelude)”→”TOKYO Dreamer”の3曲は、極端な話、このパートさえ観れば「NICO Touches the Wallsとはどんなロック・バンドなの?」という疑問も解決出来るほど重要なパートであり、セトリの核と言ってもいいだろう。

浅野のヴァイオリンが加わるだけで、威風堂々とした風格を漂わす”GUERNICA”は、バンドのマニアックな側面の象徴。オーロラカラーのレーザーに包まれ、光村の歌に大きくスポットが当たる”Aurora(Prelude)”は、楽曲が生まれる場所=ニコの原点だ。そして、その後の”TOKYO Dreamer”は、オルタナティヴな”GUERNICA”とは対極にある場所、メインストリームで戦うバンドの今の姿。

別記事にも書いたが、Fighting NICOツアーのセトリは、ニコの明るい側面も暗い側面も、王道もマニアックも、偏ることなく並列された内容だ。ライヴの前半を振り返って見ても、オープニングからの3曲と、後の2曲とはトーンもテンションも明らかに違うのだが、ニコは『対極にあるモノ同士が共存する特異な音楽性こそが、自分達のオリジナリティーであること』をこのツアーでは提示し続けている。かつてはこの性質を「宿命」として、重たく背負い込んでいた印象もあったが、今、目の前のステージに立つ4人と浅野からは、シンプルに「本当に音楽が好きでやっているロックバンド」にしか見えない。そして、なぜそう見えるのかと言うと、ニコはすでに別ステージに上がり、新たに進むべき道を行き始めていたからだと思う。愛知公演のとき、散々聴いてきた”天地ガエシ”で、めちゃくちゃ感動してしまったその理由も一頻り考えてみたのだが、最終的には辿り着いた答えもこれだった。

アンコールでは「今回のツアーが好評で」という前置きのあとに、彼らの地元である千葉・浦安市での追加公演も発表。バンド結成から今日までを深く思うと、ハラハラと涙が零れた。バンド史上一番良い状態で、かつ確実にメンバーは手応えを感じながら、全国各地を回っているFighting NICOツアー。私は行く予定のなかった京都ロームシアター公演へ行く事を心に決め、おこがましいようだが、日本中のロックバンドリスナーがこのツアーを観るべきだと思いつつ、会場を後にした。

***

setlist(4月1日・2日 東京NHKホール)
1 新曲
2 チェインリアクション
3 そのTAXI,160km/h
4 バイシクル
5 手をたたけ
6 夢1号
7 Diver
8 GUERNICA
9 Aurora(Prelude)
10 TOKYO Dreamer
11 April (2日 ブギウギルティ)
12 天地ガエシ
13 MOROHA IROHA
14 妄想隊員A(2日 Broken Youth)
15 渦と渦
16 新曲

encore
1 THE BUNGY
2 ストラト
3 マシ・マシ
f0342667_22350625.jpg

[PR]
by musicorin-nirock | 2017-07-14 12:00 | LIVE | Comments(0)

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る