Nothing's Carved In Stone 『Existence』を聴いて


        

そもそもNothing's Carved In Stone は出発地点から当たり前のように「かっこいい」バンドだった。2008年に活動休止したELLEGARDENのギター・生形真一が始めた新バンド。ベースはストレイテナーの日向秀和、ドラムはFULLARMORの大喜多崇規という錚々たる面子に、その実力も窺える3人がバンドのフロントマンとして迎え入れたのがABSTRACT MASH(現在活動休止中)のヴォーカル・ギター村松拓である。
村松は一言で言うと、かなりのひょうきん者だ。しかし、一度ステージに上がるとボロボロと化けの皮がはがれ落ち、野心剥き出しの情熱的な歌声を放てば、ライヴ終盤を迎える頃になると、恐ろしいほど覚醒している男である。彼が生形・日向・大喜多に対しコンプレックスを持っていたことは、雑誌の個別インタビューで語られているが、今では彼の存在がバンドやリスナーに莫大な影響力を与えていることは言うまでも無い。

メジャーからインディーズへと返り咲いた2015年にリリースされた前作『MAZE』以降、NCISのバンドサウンドはやんちゃになった。とにかく自由奔放で、その姿はまさに破天荒な暴れ馬。そして今作『Existence』では更に個性が強くなった4者4様のプレイスタイルで、メンバーは容赦なく大爆走当たり前にのようにかっこいいバンドとしてNCISは誕生し、そのかっこよさは衰えることなく、バンドの進化とともに磨かれている。ところが「今のNCISは私達リスナーにある硬派なイメージを、自ら壊しにかかっているのではないか?」と『Existence』を初めて聴き終えた後、私はふと思ったのだ。

活動初期の頃は英語一辺の歌詞であったが、メンバーは日本語で歌詞を書き、村松が歌うようになった。そして、より人間味を帯びた楽曲が次々と誕生し(例えば”きらめきの花”という曲が生まれたことがそうだが)ライヴで観客とコミュニケートしていく中で、彼らにとって歌”の在り方が大きく変わった。『Existence』のラストにはゲストミュージシャンにヒイズミマサユ機(Key)を迎えたバラードナンバー”Adventures”が選ばれているのだが、理由はここに繋がるだろう。つまり今作『Existence』は明らかにNCISにとって大きな節目になるアルバムであり、また、バンド史上多彩な楽曲が揃っている視点からみると、NCIS自身が”Adventures”(冒険者)であり続けることを決意表明でもあるのだ。

今年でバンド結成9年目を迎えるが、いつだってエキサイティングなステージを展開し、胸の中にある熱を確かめさせてくれるNCISの核(コア)が『Existence』には詰まっている。ドクドクと鳴る4人の鼓動を是非手に取り、身体全部で感じて欲しい。

        


[PR]
# by musicorin-nirock | 2017-02-25 21:12 | MUSIC | Comments(0)

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る