タグ:東京スカパラダイスオーケストラ ( 1 ) タグの人気記事

7/13 NANO-MUGEN FES.2014 “東京スカパラダイスオーケストラ”

「スカパラがいるから大丈夫!」

スカパラこと、東京スカパラダイスオーケストラ。彼らのライブを観た後必ずそう思うんです。この人達についていけば間違いないだろうと。
今年でデビュー25周年。日本に「スカ」というジャンルをとても身近なものしてくれたのは、間違いなく彼らの存在があったからでしょう。そして、自分達のスカを「東京スカ」と命名し、日本だけではなく世界中を駆けずり回っています。過去に、脱退したメンバーや残念ながら亡くなってしまったメンバーもいます。本当の哀しみを知っているからこそ、それでも、未来をずっと見てきたスカパラ。全員お揃いのカッコいいスーツにビシッと身を包み、切れのある「東京スカ」を初出演となったナノムゲンフェスで、大音量で鳴らしてくれました。

が。スカパラのメンバーを良く見ていると、下らないことでずっと笑っている、まるで男子高校生のような、雰囲気…(笑)もっとクールで怖い人達と思っていたけれど、それは間違い。とってもフレンドリーで、優しい。私にとっても、頼れるアニキ的な存在です。

スカパラの魅力は、全く彼らの曲を知らなくても、スカビート(いわゆるツービート)を聴くと、自然と体を動かしたくなり、気が付けスカダンス(懐かしのモンキーダンス)を踊っていること。そして、谷中敦(Baritone Sax)さんの男らしくお腹の底から元気が出てくるリリック。それをメンバー全員で歌ったり、また素晴らしいヴォーカリストを呼び、9人のスカバラとはまた一味違うスカを私たちに聴かせてくれることです。

今回はバンドコラボ3部作と称して、日本を代表するロックバンドとコラボレーション。プロデューサーに亀田誠治さんを迎え、10-FEET、MONGOL800と続き、最後を飾るのがナノムゲンフェスの主催者であるASIAN KUNG-FU GENERATIONです。
この日初披露となった“WAKE UP!”。これまでの作品と比べると、かなりアジカン色の強いナンバーです。完全、スカパラがアジアンをサポートしている側に回っています。歌詞に関しては、谷中さんと共作ですが、かなり後藤正文さんことゴッチをフューチャリングしているし、曲は加藤隆志(Guiter)さんが担当しているけれど、「これアジカンが作ったんでしょ?え?違うの?」と大きな勘違いをしてしまいました。(すいません。)

でも、その背景に感じられるのは、「アジカンがいかに日本のギターロック界をひっぱり、構築させてきたか」ということと、「後藤正文の鋭い視線を持った歌詞の世界観」。この2点をスカパラメンバーは「活かしたい!」と思わずにはいられなかったんだろうと私は思いました。
また、スカパラの「ポジティブしかいらない世界」とアジカンの「ちょっと屈折したように物事を観ている、まさに時代を感じさせるロックの世界」が一体化すると、物凄い感動を与えてくれるんです。それを強く感じたのが、アジカン初期のナンバー「遥か彼方」のスカパラとのコラボレーションを聴いた時。ツインドラム、ツインベース、ツインギターにホーンセッションが加わり、キーボードとパーカッション。そこにゴッチのヴォーカル。迫力はもちろん、アジカンをしっかり底上げしつつも、「俺らだって負けちゃいねぇ!」という華やかなホーンを響かせ、熱いスカビートを刻む。そして、ゴッチは途中でギターを弾くことを放棄し、マイク握りしめて熱く熱く歌い上げる。なんというか、それが今の東京の姿というか。音楽シーンのあるがままの姿というか。感慨深かったです。

オーディエンスの熱狂も半端なく勢いがありました。みんな前に駆け寄っていって、モッシュも湧き起こるし。それをね、スカパラメンバーみんな、にこにこ楽しそうに眺めているんです。

多分「アジカンとコラボしたことでスカパラを知った、初めて今日ライブを観た。」という若いアジカンっ子たちもたくさんいたと思う。そんな彼らのためにスカパラは、みんな知っているであろう“ミッションイン・ポッシブルのテーマ”や“ルパン三世’78”、またロシア民謡の“ペドラーズ(テトリスのバックで流れている曲)”をしょっぱなからガシガシ続けて演奏し、オーディエンスのハートゲット。
スカパラファンにはお馴染みの“DOWN BEAT STOMP”、“SKA ME CRAZY”や、KEMERIの伊藤フミオさんがゲストヴォーカルに招いた“PRIDE OF LION”(この日は加藤さんと谷中さんが主に歌って、サビはメンバーみんなで大合唱!)で、スカは「ポップで親しみやすいんだよ!」ガッツリアピール。
そして“One Step Beyond”でカッコいい東京スカを堪能させ、そこからアジカンコラボレーションステージが始まった。

この流れ、最高で最強!でしょう。

「絶対、楽しませてやる!」というスカ魂を思い知り、そして、アニキ達の「懐の深さ」に大いに感動しました。こんなステージ、スカパラにしかできないよ。ホント。

だから、ずっとスカパラについて行こう!って思ったのでした。
本当に大好き!






[PR]
by musicorin-nirock | 2014-07-21 11:49 | LIVE

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る