タグ:ARABAKI ROCK FEST.15 ( 2 ) タグの人気記事

ARABAKI ROCK FEST.15 / GRAPEVINE

4月25日から2日間に渡り開催されたARABAKI ROCK FEST.15の会場には、7つのステージがある。その中で唯一の屋内ステージが花笠だ。GRAPEVINEは今年、2010年のARABAKI以来5年振りに、ここ花笠に立つ。

彼らが出演するARABAKI2日目、4月26日は、前日に比べ日差しが強く、一気に夏を呼び寄せたような暑さだった。午前中から会場をほっつき歩いていた私は、この暑さに体力を消耗され、まだまだ続くライヴのために屋内ステージで少しゆっくりしようと一足早く花笠に向った。すると、ステージにはCHABOこと仲井戸麗市率いるCHABO BANDのライヴが始まっていた。私はこの時、休むつもりで向かったはすなのだが、バンドの音を耳にした瞬間に、完全ノックアウトされてしまった。仲井戸は自分自身が楽器となり、自由自在に音を操っている。彼が産み出す重みのあるグルーヴに、私の体は勝手に動きだし、仲井戸の人生が練り込まれたブルースには、思わず目頭が熱くなる。そしてステージを見渡すと、仲井戸らの名演を舞台袖で楽しむGRAPEVINEのメンバーの姿が見えた。下を辿ると田中和将(Vo&G)は、中学2年生の頃に仲井戸に憧れギターを購入した事を、先日発売された『ロックンロールが降ってきた日3(㈱スペースシャワーネットワーク)』 で語っていた。少年時代に憧れたミュージシャンが、今目の前でギターを弾き、歌っている。そしてこの後、自分も同じステージに立てる事は、ミュージシャン冥利に尽きるに違いない。

仲井戸が去った後の花笠は変わらずテンションが高かった。サウンドチェックのためにステージに現れたGRAPEVINEメンバーも、時折オーディエンスに茶々を入れたりとご機嫌だ。そして、開演時刻を5分ほどオーバーした頃に、彼らはビール片手にリラックスした面持ちで、再びステージに現れた。


1曲目は“光について”。芳醇なギターのイントロが花笠に響き渡り、ノスタルジーが漂う中でも、彼らの「今」が感じられる音だった。たっぷりとしたバンドサウンドは、オーディエンスの心をぐっと引き寄せる。そして次曲“疾走”へと続くと、私の目の前にあるステージが涙で滲んでしまった。<まだ未来は空っぽのままで 新しい予感に泣きそうだぜ>という衝動と、ダイナミックな曲展開が、四十路を超えた大人たちが、まさに仲井戸に憧れていた10代の頃のピュアな気持ちのまま、バンドと向き合う姿を曝け出していたからだ。田中の身を振り乱しシャウトする姿も、西川弘剛(G)が鳴らし続けるエレキの音も、亀井亨(Dr)が刻む迫力あるビートも、いつにも増してリアルに迫ってくる。その勢いに乗って、前のめりに攻めてきた“KOL”。持ち前の成熟尽くしたバンドサウンドからは貫録が感じられる。しかし、モッシュが起きてもおかしくない程のフロアの大盛況ぶりは、狭いライブハウスでぎゅうぎゅう詰めになりながら、彼らのステージを観ていた頃を、ふと私に思い出させた。

ここで最新アルバム『Burning tree』より“Weight”が披露されると、花笠は一気にアダルティな空間へと変わる。高野勲(Key)の鍵盤と田中のアコギが絡み合うアンサンブルが、しっとりとフロアを包み込み、田中は祈りを込めるかのように優しく歌い上げていく。「そろそろ、おねむの時間でしょ?寝てもいいんですよ?」なんて曲前のMCに、くすくすと笑い声を上げたオーディエンスも、食い入るようにステージに視線を向けていた。ヒットシングルで始まり、アッパーなロックを立て続けにチョイスした、GRAPEVINE初心者にも優しいセットリストだったが、ライヴ中盤に差し掛かった所で、嫌味もなくミディアムバラードを持ってくる。そんな彼らの姿は、肩肘に力が入るわけでもなく、とても堂々としていた。

続けて、ファンキーに聴かせた“SOUL FOUNDATION”。活動初期の頃の楽曲が披露される嬉しいサプライズに、フロアのテンションもヒートアップ。オーディエンスとメンバーとの間には一体感が生まれていく。そこに鋭く“ Reverb”が切り込むと、熱狂的な歓声が上がった。金戸覚(B)の低音が拍車をかけように、ぐらんぐらんとフロアを揺らし熱気は更に上がっていく。

そしてラストは再び『Burning tree』から“IPA”という、ツアー中ならでは締め括りだった。先日、赤坂BLITZで初めて聴いたときよりも、サウンドに深みが増し、揺るぎないものが感じられた。歌い続ける中で、新たに生まれた田中の感情が、注ぎ込まれているのだろうか。まるで、GRAPEVINEの「現在地」をここARABAKIの地に刻み込んでいるようだった。特にエンディングにかけての盛り上がりは、この先も続くであろう彼らの道程が、柔らかな光に照らし出されていくようで、私は言葉を失った。

メンバー全員40代を迎え、楽曲に対して向き合い方が確実に変わったことをアルバム『Burning tree』は物語っている。よって、近年リリースされたGRAPEVINEの作品の中でも群を抜いてリアルだ。そのリアルが、彼らより下の世代を生きる私には、理解しがたい部分でもあった。しかし、ここARABAKIで、彼らはまだ熱き音楽への情熱を抱えながら、自らの積み重ね上げてきたモノを踏まえ、更に次なる新しい道を今再び模索し始めている事を、私に教えてくれた気がしている。それは、ツアーを続けていく中で、それぞれの心境に変化が訪れ始めている証でもあるが、やはり憧れのCHABO BANDのステージが、彼らに何か気付かせたのかもしれない。彼らの中に存在する、10代の頃の自分が引き出された、今のGRAPEVINEの鳴らすサウンドは、映画のようにドラマティックだった。


set list
1 光について
2 疾走
3 KOL(キックアウト ラヴァ―)
4 Weight
5 SOUL FOUNDATION
6 Reverb
7 IPA


[PR]
by musicorin-nirock | 2015-05-02 12:00 | LIVE

ARABAKI ROCK FEST.15 / the HIATUS

ARABAKI ROCK FEST.15(以下ARABAKI)、その1日目にあたる4月25日。磐越のステージに現れたthe HIATUSのメンバーをオーディエンスは温かく迎え入れていた。その理由を、私は彼らの活動を追い続けていく中で、十二分に理解していたつもりだった。しかし、広大なみちのくの大地を目の前に<Revolution needs a soundtrack(和訳:革命にはサウンドトラックが必要だろ“Horse Riding”>と威勢良く細美武士(Vo&G)が投げ掛けた時、改めて東北の人々にとって、the HIATUSの存在の大きさを、目の当りにすることになる。

ライヴは“The Ivy”から衝撃的に幕を開け、伊澤一葉(Key)の鳴らす繊細なピアノの音が大空に響き渡る“The Flare”へと続く。そして、絶え間ないダイバーとモッシュの嵐で、スモークのように砂埃が舞い上がった“Storm Racers”で畳み掛け、細美はハンドマイク姿になった。最新アルバム『Keeper Of The Flame』の1曲目を飾る“Thirst”では、細美と共にオーディエンスのたくさんの拳が上がり、熱気まみれのまま次曲“Unhurt”へ。柏倉隆史(Dr)とウエノコウジ(B)が産む生々しいグルーヴにエレクトロな打込みが交じり合い、その上に、masasucks(G)の風を切るようなエレキギターが重なるバンドアンサンブルは、この上なく最高だった。

昨年のARABAKIでは、ステージに立てた喜びからか、思わず涙ぐんでしまう細美がいた。私自身にも何度も感極まる瞬間が訪れたのだが、会場中にエモーショナルな空気が漂い続けていた。しかし、2015年のARABAKIでは、MCの最中、時折言葉に詰まりながらも終始笑顔を見せ、力強く歌い上げる細美がいる。サウンドも進化の歩みが止まることなく、更に肉体感を増しており、まるで“Unhurt”の歌詞そのものように、ステージに立つ5人はタフだった。

“Lone Train Running”の<Away now>と繰り返される盛大なシンガロングは、この日、一段と美しかった。また、私もオーディエンスの一人として<Save me>と歌いながら、様々な想いが込められているであろう“Insomnia”が、ここARABAKIで披露される深い意味を考えた。日も暮れ始め、肌寒さを感じる頃には“紺碧の夜に”が投下され、再びモッシュとダイブも始まり、熱気に拍車が掛かっていく。そしてラストソング。アコースティックギターを抱えた細美は“Horse Riding”を歌い始めた。柏倉の刻む躍動的なビートに乗せて、強く優しく歌い上げる中で、<Revolution needs a soundtrack>というフレーズに、思わず身震いしてしまう。それは、2014年のARABAKIから今日を迎えるまでの1年間、the HIATUSが培ってきた全てを、物語っていたからだ。

the HIATUSにとっての2014年は、メンバー全員で初めて東北のライヴハウスも回った全国ツアーや、弾き語りライヴや支援活動といった個人の活動を通して、地元の人々やオーディエンスとの絆をより深めてきた一年だった。その過程で5人全員が同じ方向を向き、the HIATUSが本物のバンドになった事を証明したのが、昨年末の日本武道館公演だ。しかし、もっと至近距離で昨年の集大成を味わえたのが、今年のARABAKIだったと思う。ライヴ中「おかえりなさい」という言葉を、オーディエンスはメンバーに向けて、ずっと投げ掛けているようだった。変わりゆく東北の地で彼らと共に過ごした時間が、人々の生きる希望となり、彼らが鳴らす音楽は、一人一人の記憶の中で、いつまでも輝き続けているのだろう。ステージからメンバーが去った後も、温かく、祝福感に満ちていた。それは、the HIATUSがオーディエンス一人一人の人生のサウンドトラックであることを、確実に証明していた。



set list
1 The Ivy
2 The Flare
3 Storm Racers
4 Thirst
5 Unhurt
6 Lone Train Running
7 Insomnia
8 紺碧の夜に
9 Horse Riding



[PR]
by musicorin-nirock | 2015-04-29 12:20 | LIVE

主にNICO Touches the Walls について書いておりますが、他にはGRAPEVINE と the HIATUS が好きです。記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by タナイユウ
プロフィールを見る