タグ:BONNIE PINK ( 1 ) タグの人気記事

12/19 BONNIE PINK @ Zepp Tokyo

9月21日、場所は渋谷公会堂。シンガーソングライターBONNIE PINK(以下ボニー)のメジャーデビュー20周年記念日に開催された一夜限りのスペシャルライヴ『BONNIE PINK 20th Anniversary Live "Glorious Kitchen"』。このライヴは、彼女の赤毛時代(活動初期の頃)の楽曲を軸に構成されたセットリストで、会場に集まったファンと共に20年を振り返り、その一つ一つを噛み締めるような感慨深い内容だった。

ライヴ後半のMCで、長年「ファンと一緒の時を歩んできたことに歌いながら気づいた」という彼女の言葉がとても印象的であったことと、彼女を産み育ててくれたご両親への感謝の言葉の後に、最初期のシングル"Surprise!"を本編ラストに披露した姿を観て、10年前、20年前の自分よりも年齢を重ね、当時のようにいかなくなることもあるけれど、だからこそ、20年という大きな区切りが、初心を取り戻させてくれる、本当の新しいスタートなのだと教えられた。

そして、彼女のデビュー20周年を記念し開催された全国ツアー『BONNIE PINK 20th Anniversary TOUR 2015』、そのファイナルに当たる12月19日、Zepp Tokyoのステージは、まるで彼女のが主催するパーティーに招かれたような弾けた楽しさに溢れ、今のボニーの魅力が存分に味わえるステージだった。

長年、彼女のバックバンドとして活躍する八橋義幸(G)、鈴木正人(B)、白根賢一(Dr)、奥野真哉(Key)(バンド名はBAD BAD BOYS)という名プレイヤーによる貫録の演奏と、ボニーが艶やかな歌声を放つと、一曲一曲がキラキラと輝く宝石のような完成度で、一曲一曲聴き終えるたびに私はいちいち感極まってしまう。

彼女はファンに苦労を見せるタイプではない。関西出身の明るいキャラクターで鋭い突っ込みをバンドメンバーにふっかけながら、和やかにステージを進めていく。けれど、20年間、常に丁寧に曲を作り続け、絶えず愛を注ぎながら、一曲一曲を大切に歌い続けてきたのだろう。ステージ上から終始溢れる多幸感が、逆に彼女の音楽に対する真摯な姿勢を私には見せてくれた。

大ヒットしたシングル曲も、久しぶりに耳にしたアルバムの中の一曲も、どれもこれも名曲揃い。ロックにソウル、ファンクにジャズ。そしてR&Bという、ジャンルレスなボニーの楽曲。その中で主人公たちは、恋に落ちたり、失恋したり、立ち上がったり、へこんだりと忙しい。正しくそれは現代を生きていく人々の生々しい姿である。10年以上ボニーの曲を聴いてきた私にとって彼女の曲は人生の写し鏡であり、ライヴ中に、とあるキツイ失恋の記憶が蘇ってきてしまい、思わず涙をこぼしてしまったけれど、彼女の楽曲から湧き出す親近感には、随分と救われてきたのだなと改めて思った。

しかし、最近の彼女からは、ポジティヴなエネルギーが強く感じられる曲が多く、先日配信された"Spin Big"は、女性らしさの中にも、どこか野性を感じさせるアコースティックサウンドで、一歩外に踏み出す勇気を聴き手には与えてくれる。そんなボニーの楽曲の進化からは、年齢を重ねた分だけ女性は強くなることができ、どんどん余計なものがそぎ落とされ、本当に大切にしたいもの、表現したいものが見えてくるのだと気づかされる。

「来年はアルバムをリリースしたい!」と意気込んでいたボニー。21年目の彼女への期待は高まるばかりだし、またライヴ会場で会えることを私も願っている。



"Spin Big"

f0342667_12334827.jpg

[PR]
by musicorin-nirock | 2015-12-20 12:16 | LIVE | Comments(0)

記事の無断転載、引用はご遠慮ください。


by yu_tanai_coco
プロフィールを見る