タグ:GRAPEVINE ( 15 ) タグの人気記事

“ Burning tree ” / GRAPEVINE

先月28日にリリースされたGRAPEVINE(以下バイン)の約2年振りのニューアルバム『Burning tree』。今作品で13枚目。そしてレーベル移籍後初のアルバムでもあり、発売前から大きな注目を浴びていた。実際に「大傑作」と唸る音楽ライターの方々の声を、雑誌やTwitterで目にする度に「早く手に入れたい!」という気持ちを抑えきれなかったリスナーが、大勢いたのではないかと思う。勿論、私もその一人だった。

決して派手なアルバムではないが、オープニングを飾る“Big tree song”が、所々に加わる打楽器や、メンバーによるハンドクラップも入ったことでハンドメイド感が強く、温かみと、何より生命力に溢れており、そこに“KOL(キックアウト ラヴァ―)”と爽快で浮遊感あるギターロックが続いた事で、久しぶりに「ポップなアルバムだ」という手応えを感じた。しかし、この期待を良い意味で裏切るような、冷ややかな空気を纏うサウンドに合わせ、心理描写を歌う“死番虫”と、アコギとピアノのアンサンブル、その裏で鳴り続けるストリングス(チェロ?)という美し過ぎるイントロから胸が締め付けられ、思わず目が潤んでしまった“Weight”が、心の深い部分をゆっくりと抉り続けていく。中盤にかけては、移籍ソング“Empty Song”の勢いのある分厚いロックンロールに、80年代のディスコ・グルーヴを強く感じさせる“MAWATA”など、ライヴでノれる楽曲もあり非常にバラエティに富んでいる。しかし、アルバムの後半には、スケール感のある、壮絶なバンドアンサンブルが淡々と展開されていく。彼らが積み重ね上げてきた全てから、余計な物を削ぎ落とし、更に磨き上げたバインにしか描き出せない音風景。そして、ラストの”サクリファイス”を聴き終えた後「感無量」という言葉しか出てこなかった。

そして、そこに一人ぽつんと立つ、このアルバムの主人公がいることに気づく。ヴォーカル・ギターの田中和将だ。私が、このアルバムの「リリック」に注目せざるを得なかったのは、彼が今の自分自身を、素直にさらけ出してしまっていたからだ。

前作『愚かな者の語ること』では内輪ノリ的な内容の歌詞が多かった。バンドメンバーとのセッションから曲作りが始まり、出来上がった曲に合わせ言葉遊びを交えながら、実験感覚で言葉を乗せていく。そんな空気感が全体的に漂っている。しかし『Burning tree』では、今の田中そのままの姿が、切々と綴られている。彼に芽生えた父性が、次の世代への愛や希望を願う。また、20年以上バンドマンをやってきたキャリアから見える自分自身に、どこか諦めを感じながらも、自問自答を繰り返す事で「生き抜いてやる」という底力を見せる。その背景には、明らかに彼が「死」を意識している事も実感できる。そして、メロディに乗る彼のヴォーカルからは、静かな情熱がひしと感じられるのだ。

かつて、田中が自分自身の過去と向き合い、初めて作品として生み出したのが3rdアルバムの『Here』である。表題曲の“here”では、自身の過去を辿り、もがき続ける心模様を淡々と描きながらも、<君や家族を/傍にいる彼らを/あの夏を そういう街を/愛せる事に今更気付いて>と「受け入れよう」と、最後の最後で力強く放つ。ところが、私はこの『Here』をどうしても好きになれなかった。どことなく痛々しく、何度聴いても辛い気持ちになってしまう。そんな単純な理由だ。しかし、それ以降のバインを聞き続けていくうちに、田中にとっては、音楽の中で過去と向き合うことが、大切な作業である事を実感していく。『Here』以降の作品にも、彼のもがきは顔を出すが、そういった過程の中で、表現者として確実に成長を遂げていく。そして、『Burning tree』で彼は、今でも一人抱えているであろう哀しみや痛みを、アルバムのテーマに変えたように感じる。それは、時と共に「受け止め方」が変わったと言えるし、何より、優れた作品を生み出そうとする、ミュージシャンとしてのプライドが、垣間見えるのである。

アーティストが表現し続けていく中で、作品に身を投げ出さねばならない瞬間は、必然的に起こってしまう事なのだろう。自分をさらけ出す事は、言ってしまえば一つの「賭け」だ。独りよがりになってはならないし、第一受け入れてもらえるか、今まで付いてきてくれたリスナーの反応が、アーティストの未来を決めてしまうとも言い切れる。しかし、さらけ出すことによって、歌詞に奥行きにが生まれ、サウンドはさらに成熟する。リスナーから見ても、アーティスト像が明確になることで、生み出されたが作品がよりリアルに心に届くのだ。

今回、田中の書いた「リリック」は、曲のクオリティを上げる為の選択肢の一つだったとしても、人間臭いこのアルバムを聴いて、何も感じる事の無い人はいないだろう。なぜならば、内に秘めた情熱がさらけ出されたことで、バインは自らが<燃えるような存在(サクリファイス)>であることを、はっきりと証明しているからだ。曖昧さを好むバインが見せた生々しさは、人を強く惹き付ける。間違いなく、私の人生に於いても確実に、響き続ける一枚になるだろう。


Burning tree (初回限定盤)

GRAPEVINE/ビクターエンタテインメント

undefined



Burning tree (通常盤)

GRAPEVINE/ビクターエンタテインメント

undefined




[PR]
by musicorin-nirock | 2015-02-04 21:43 | MUSIC | Comments(2)

“ IN A LIFETIME ”/ GRAPEVINE





2014年5月19日、渋谷AXで行われた『IN A LIFETIME』。このライヴは、2ndアルバム「LIFETIME」の再現ライヴと、新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストを組んだパートの2部構成であり、同年春よりレーベルを移籍したことも発表された、GRAPEVINEにとって大きな区切りとなるライヴだった。今回再現されたアルバム「LIFETIME」は1999年にリリース。“スロウ”や“光について”といったGRAPEVINEの代名詞的シングル曲が収録され、オリコンランキング第3位というセールス記録を出し、発売から16年経った今でもなお人気の高い一枚である。事実として、『IN A LIFETIME』のチケットはソールドアウトする会場が続出し、バンド史上初のビルボードでの公演も開催されたのだ。

しかし。このライヴは、「LIFETIME」というアルバムが90年代後半のミュージックシーンを彩った代表的なアルバム、という事実だけを語っただけではない。GRAPEVINEというバンドの過去/現在/未来を大きく結びつけると同時に、改めてGRAPEVINEと彼らを取り巻く全てを繋ぎ止める、まるで一つの物語を辿らされるのような時間でもあったのだ。


実際にこのライヴの観客の一人であった私は、まず、アルバムの1曲目から曲順通りに披露されていく展開に驚き、一曲一曲聴き終える毎に深い部分へと引きずり込まれていった。MCも1曲目の“いけすかない”の間奏部分で軽く挨拶をしただけ。淡々とライヴは進んでいったが、あまりに密度の濃い空間で、15年前「LIFETIME」を手にした、まだ10代だった記憶が必然的に蘇り何度も目頭が熱くなった。ところが、徐々にノスタルジーに浸る余裕なんて無くなっていた。豊潤なメロディに乗るのは、相反するような孤独感の強い言葉達。ブリティッシュ・ロック色を意識したのか、ギターが強く前に出ている楽曲が多めだが、時折腰にくる重低音の響きから感じられるR&Bやソウルの要素。見えなかったものに気が付く度に、長年愛聴してきたアルバムだったにも関わらず、初めて手にした時と同じような衝撃が走った。

ステージに立つのは、全てを包み込むよう歌い上げる田中和将(Vo&G)。その姿には精神的な成長と新たに芽生えた父性が感じられる。いつになくしなやかに、聴く者全てを陶酔させてしまう声と表現力の豊かさには、ヴォーカリストとしての実力を見せつけられる。西川弘剛(G)は、ステージ上の誰よりも落ち着いた佇まいではあるが、その姿が非常に渋く、全身痺れさせる音を鳴らし続ける。そして、積み重ね上げてきた全てが刻み込まれているような、どっしりとした重たいリズムを生み出す亀井亨(Dr)。3人の姿にはGRAPEVINEを貫いてきた力強さが、確実に感じられた。ここで一つ付け加えたい事実がある。このアルバムの制作・発売当時は“リーダー”こと西原誠(B)が在籍していた。持病のため自らリーダーを務めていたバンドを去らなければならなかった西原は、苦渋の決断がもたらした苦悩を、再現ライヴのツアーパンフレットで語っていた。西原が当時を振り返りその想いをリスナーに伝えた決断。それは、彼にとっても大切なアルバムであると同時に、メンバーそしてリスナーにとっても、GRAPEVINEを語る上で欠かせない人物なのは変わりないと、確かめ合うためだったのかも知れない。西原の脱退後、残された3人も悲痛な思いであっただろう。「解散」という選択肢があってもおかしくはない。しかし彼らははバンドを辞めなかった。サポートメンバーに金戸覚(B)と高野勲(Key)が加わった事でバンドサウンドは一気に深みを増す。そして、GRAPEVINEはキャリアを重ねる毎に、他のアーティストには希に見られない音世界を創造し続け、不動の境地にまで上り詰めた。2014年5月19日、閉館が決まった渋谷AXのステージで披露された15年目の「LIFETIME」は、それをまんまと証明したのだ。


私は10年以上彼らのライヴに通い続けているが、GRAPEVINEのライヴでは、オーディエンスが自由に何かを受け取り、何かを感じることができれば、それで良いとされる空気が常にあったように感じている。一人一人に浮かび上がってきた様々な想いこそ、実は何にも代えがたい自分だけの真実なのだという事に彼らは気付かせてくれるのだ。


GRAPEVINEの楽曲には大衆的なメッセージはほぼ存在せず、裏を返せばわかり辛い。しかし、彼らは長いキャリアに於いて、このスタンスを一切変えようとはしない。ステージをキャンバス地に例えるとしたら、5人はそれぞれ緻密な作業を続け、幾十に色が重なり合い、誰も想像がつかない美しさを描きつづける。完成された作品はどこか曖昧さを残したままで、彼らは観客にサラリと差し出す。そこに描かれた大がかりな音の世界は、恐ろしいほどに、聴き手の心を侵食していく。そして、メンバーと言えば、全てが終わると余韻に浸る間もなくステージを去る。残された観客達を困惑させたままにして。

この『IN A LIFETIME』の場合、レーベル移籍の発表あったため、終演後のフロアには異様な空気が充満していた。私自身も、ただ自分のいる場所に茫然と立ち尽くしていた。それから数日経って、私はあのライヴを思い返してみたのだ。あの時「演奏をする/演奏を聴く」というシンプルなコミュニケーションを通じ、冒頭で述べた様に、10代の自分自身との対峙し、「LIFETIME」のクオリティの高さを改めて思い知った。10代の頃は何も気にせず、ただGRAPEVINEを聴き過ごし、またそれから10年以上も彼らを追い続けるとは考えもしなかった。しかし、15年後の確実に歳を重ねた自分が当時の憧れを再び目と耳にした時、GRAPEVINEが「これで良かったんだよ」と、これまでの人生を肯定してくれたような、非常に感慨深い気持ちが溢れ、そして、再び前に進む力を私に与えてくれたのだ。GRAPEVINEリスナー、一人一人に彼らと出合ってから今までの物語がある。その期間が短かろうが長かろうが、両者をつなぎ止めるものは「信頼」だ。その「信頼」が確かな物である事を『IN A LIFETIME』によって、誰もが気づけたのではないだろうか。


時代と共に音楽が生まれる。アーティストはその最先端を目指し、誰よりも早く新しさを創りだそうと、日々もがき続けている。リスナーにとっても新しさを手に入れることは、刺激的で、常に楽しさを運んでくれるものであり、そのスピードは、近年どんどん加速している。その傍らで、GRAPEVINEは今年でデビュー18年目を迎えた。しかも、混沌とした渦の中にいる多くのミュージシャンに敬愛されているバンドである。それは、音楽の本質を手にしているからこそ得られた強さなのだと言えるだろう。そして、その本質を今、教えてくれる唯一のバンドが、GRAPEVINEなのだと思う。
にほんブログ村 音楽ブログへ


[PR]
by musicorin-nirock | 2015-01-26 22:08 | LIVE DVD | Comments(4)

Empty Song / GRAPEVINE

渦巻くようなギターのイントロから始まるダイナミックなバンドサウンドは、いつにも増して力強く胸に響いたのだった。何よりこの曲が持つグルーヴ感は、実際にGRAPEVINEのにライヴに行ったときに感じるあの感覚と変わらない。一言で言うなら生々しい。それが「Empty Song 」を聴いた時の第一印象だった。

GRAPEVINEは2014年の春にレーベルを移籍。その第一段シングルには、移籍を意識したものを作るというコンセプトが元々あった。よって、GRAPEVINEが新しい環境に身を移した結果、この「Empty Song 」は生まれたのだ。広々とした滑走路から再び長い旅へと飛び立とうとしている彼らの心境を、田中和将(Vo&G)はシンプルなままに言葉にしている。そして何を隠そうこれが、今の田中の本音だ。

さらに付け加えるならば、わざわざハンドマイクを使ってレコーディングされたのだ。この田中のヴォーカルは、マイクを握り締める手汗までも伝わるような力の入り具合であり、声を張り上げるサビの高音部分なんて、私の自宅のステレオが破裂しそうになるほどの凄まじい響きを見せている。

タイトルに「Empty Song」(曲中では<むなしき歌>と歌われている)と付けてしまうそっけなさは相変わらずだが、GRAPEVINEの今後の活動に於いて、これはとても重要な1曲だ。だって、考えてみて欲しい。メンバー全員40歳を過ぎたベテランバンドが突然訪れた環境の変化をきっかけに、剥き出しの本心をさらけ出してしまったのだ。何をそこまでする必要性は、彼らの長いキャリアから考えてみても、普通なら無いと思う。でも、彼らの中にはやらなきゃならない理由が明確にあったのだ。GRAPEVINEというバンドを続けてきたプライドと意地。そして積み重ねてた全てをこの曲につぎ込み再び舞台に立った時、他のバンドから一線を引いた孤高のロックバンドにのし上がる。彼らはきっとそれを今、証明したいのだと思う。

どちらかと言うとGRAPEVINEは、新しさよりも自分達の趣味嗜好を貫く、古風な感覚を持つバンドだ。だがその姿勢を守り続けていても、どんどん追いやられる一方なのが現実。移り変わりの激しい音楽の世界は、リスナー視点から見ても、とても厳しいものだとわかる。だから今、ここで(当初は考えてもいなかっただろう)アッパーな曲を投入し、業界にガツンとパンチを喰らわすことで自分達の存在感を際立たせる。そして自分達もパンチを喰らい、新しいGRAPEVINEを描こうとしているのではないのだろうか。






2015年1月28日にはアルバムリリースが決定し、2月には東名阪で対バンツアーも行われる。この勢い、誰が止められるのだろうか?とにかく私は期待している。










[PR]
by musicorin-nirock | 2014-12-03 21:39 | MUSIC

5/30 GRAPEVINE "IN A LIFETIME PREMIUM" @ billboard LIVE TOKYO

f0342667_10581205.jpg

























迫力のあるパフォーマンスだった。
LIFETIMEの持つ「繊細さ」よりも「力強さ」を、
GRAPEVINEは堂々とした面持ちで見せつけていった。

個人的には再現ライブでの中盤から後半までの流れが、最高に良かったと思う。

バイン得意の横ノリの最高潮を見せた、
西川アニキのギター魂が炸裂の「25」。
それから「白日」まで、バインの勢いが止まらない。
そこに、箸休め的ソングの「大人」が入るることで、ほっと肩の力が抜ける。
なんともいえぬ存在感がある。
アコギに持ち替え、ぼそぼそっと歌う田中くんのヴォーカルがまたいい。
そこから「望みの彼方へ」に行くときの緊張感。
まったりしていた空気が、瞬時にステージ上で切り替わり、
観ているこちらにも伝わってくる。
この曲の持つ光、
ここビルボードでも強い光を放っていた。
やはりバインにとっても、とても特別な曲なのだろう。
そして圧巻だったラストの「HOPE(軽め)」。
サビからの盛り上がりに圧倒される。すごかった。
この日、確信したことは、もう、只者ではないこのバンド。
「すごい」としか言葉がなかった。

途中、曲の合間合間に見せるメンバーたちの笑顔から、
ビルボードのステージに立てた嬉しさと、
演奏する楽しさがすごく伝わってきて、微笑ましかった。
もしかしたら去年の夏、うっかり武道館に立った時よりも
嬉しかったんじゃないかな…(笑)

約一時間半という、とても短い時間。
それは、ビルボードというラグジュアリーな空間に
ギュっと閉じ込められ味わえた濃厚なライブ。
最高にプレミアムな夜になった。

f0342667_11034617.jpg



























ビルボードで無事いなかいけす煎餅買いました。

[PR]
by musicorin-nirock | 2014-05-31 11:06 | LIVE

荒吐 ROCK FEST.2014 GRAPEVINE

4月27日
荒吐ロックフェスティバルに行ってきました。

いくつかのバンドのライブを観た中で
私の本命である2バンドの感想を。

まず、今日は愛すべきアニキたち
「GRAPEVINE」

彼らは「津軽」という名前の
湖のほとりにある
とっても素敵なロケーションの
ステージでの演奏。

この日のライブは
「優しくてピースフル。」
愛にあふれ
心が温かくなる30分間。
「ずっとずっと聴いていたいなぁ・・・
そこにいた、誰もがそう思ったであろう。
とても心地良い空間でした。

ヴォーカルの田中さんの
伸びのある声がとっても良くて
というか、良すぎて。
ずっと目を細めて笑顔で歌っていたのも印象的。
観ているこちらも
思わず微笑んでしまう。

他のメンバーも
みんないつもとはどこか違ったの。
やっぱり、野外だから気持ちもオープンになったのかな?
すっごくバンドとして
今とてもいい調子にいるのが
伝わってきました。

ライブではとても懐かしい曲も。
15年前に発売された
懐かしの大ヒットシングル「スロウ」。





力強く、そして腹の据わった演奏は圧巻だった。

リリースされたばかりの頃は
まだ少年っぽさが残っていた。
ヒョロヒョロっとしたイメージだったが

15年という歳月の中で
この曲で様々な形に変化し
今の彼らが演奏すると
骨太で頼りがいのある
男らしいラブソングへと成長していた。

そして
最近の彼らのライブは、どこか、気が抜けている
というか抜けすぎじゃないのか?!
と突っ込みを思わず入れてしまいたくなるくらいの
マイペースっぷりを発揮していたが

この力強い「スロウ」で
「実は違うんだぜ!」
と見せつけられてしまった・・・。

バインの凄さってこれなんだよね。
すっごくマイペースで
適度に力を抜きつつやってるように見せかけて
(ご本人たちは大真面目なんだけど、
そう見せないからずるい)
実は、心にぐっとくる大きなメッセージを
聴いている側に与えてくれる。

そのメッセージは
聴いている人にしかわからない
個人的なものでいい。
いわゆる大衆に向けたメッセージソングを歌い続けてきたバンドではないが

長年、彼らの音楽を聴いてきて
メッセージとは
聴く人のがどう受け取るかで
与えられるものだということを
私は教えてもらったのだ。

やっぱり、GRAPEVINEだよ。
いつまでも、私たちリスナーを裏切らない。
そう思えたライブだった。
そんなアニキたちにブラボー!

セットリスト
1 真昼の子供たち
2 スロウ
3 君を待つ間
4 それを魔法と呼ぶのなら
5 1977
6 南行き
7 MISOGI


[PR]
by musicorin-nirock | 2014-05-13 22:40 | LIVE